Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

アイデア

今日は(というかもう昨日か)夜までずっと研究室で論文を眺めたりネットで調べものをしたり。

卒論で何をやりたいか大雑把には決めている。
センサネットワークがおもしろそうだなぁと思って、先生にもそう伝えてある。

けど、センサネットと言ってもセンサデバイス・アプリケーション・プログラミング環境・ネットワークトポロジ…etc色んなレベルでの研究がござるというわけで、ただ単純にオモシロそうだから漠然とセンサネットと今まで言ってはいたが、いい加減、自分がセンサネットのどの段階に関心があるのかしっかり明らかにしていかなきゃなぁというカンジ。。

色んなキーワードの論文のabstractをなんとなく眺めてみると、「みんな本当に凄いなぁ、イロイロ工夫してるなぁ、よく思いつくなぁ」なんてアホみたいにただ感心し、「自分に新しい"何か"が果たして思いつけるんだろうか、、」なんて不安になる事しかできない情けない自分orz
まぁこれが現実、けど誰だって最初は「俺に研究なんてできるのか!?」ってなカンジで不安だったはず。
「できるのか?」じゃなくて「何が何でもやるんだ!」という意気込みをなんとか持続させられたらと思います。

「何かセンサネットに関するオモシロい研究できないかなぁ、何かないかなぁ」と何時間か考えてて、ふと脱線して思ったんだけど、世の研究者はもちろん、エンジニアの人達の日常ってこうなのかなぁと。

俺らからすれば、彼らの凄まじい技術力や、製品、成果や会社に関する華々しいストーリーが主に耳に入るから何かそこに華々しい世界を求めがちだけど、そこには苦しい産みのプロセスや挫折がたくさんゴロゴロしているんだろうなぁと。

しかも、彼らは被雇用者なわけで、思いつけない=解雇という危険も場合によっては待ってたり。。

自分はいつも凄い企業の名前をだして、例えば「Googleで働きたいなぁ」なんて言う事があるけど、「働く」っていう漠然とした言葉上だけのレベルからもう一歩踏み込んでイメージを進めてみると、そこには別に華々しい世界が待ってるんじゃなくて、地道でハードでシビアな世界があって、それを苦痛とは思わず楽しめる人間だけが素晴らしいものを生み出せるんだろうなぁと。。


いやぁ、何を言いたいのかわからなくなってきたけど、とにかく、俺みたいな素人は苦労して当たり前なんだけど、その苦労に少しずつ触れるようになってきて、世の研究者やエンジニアの方々に尊敬の念を抱かずにはいられないのでした^^;
スポンサーサイト
  1. 2007/08/03(金) 04:28:23|
  2. IT業界話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<二度目 | ホーム | 平野…>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/93-78f5b08a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。