Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

読書♪

さっき何となく以前読んだある本を読み返してました。いろいろ書いてみます。
カイン

「カイン -自分の弱さに悩む君へ- 」 中島義道
いつ頃買ったんだっけ?たしか、大学一年の夏休みだったかな?古本屋で¥750だった気がする(けっこうしっかり覚えてる 笑) 
何か当時はすごく悩んでた気がするなぁ、何を悩んでたんだっけ?もう忘れちゃったなぁ、、
忘れたって事は解決したのかな?
それともただ単に今は考えないようにして生活してるだけなのかな?
なんか、家で一人悶々としてても始まらないっておもって、けどだからって何をどうすればいいのかわかんないし、、その悩みに答えてくれるんじゃないかって「哲学」ってもんに期待して古本屋にいったんだと思う。普段本なんて読まないもんだから、本ってもんに異様に期待してたっけ。そんで、この本をみつけたと。
たぶん、タイトルの「自分の弱さに悩む君へ」ってとこに惹かれたのかな。う~ん、悩みってなんだったかなぁ?対人関係だっけ?俺は小学生の頃から「他人の目」とかすごく気にする奴で、どんなに仲がいい人に対しても「それは俺と一緒にいるときだけで、俺がいないときは他の人と一緒になって俺の悪口だっていってるに決まってる」とか思ってる奴だったんだよね。大学入って、サークル入って、俺の周りには人間が今までにないほど溢れててイッパイイッパイだったかな(笑)
それに、俺はコンプレックスの固まりみたいなやつでね、、小学生とか中学生くらいの頃ってほんとに他人のコンプレックスをちくちくいじるの好きじゃん、、俺も毎日のようにからかわれてね~、、ほんと、このコンプレックスの原因たちがなかったら性格が180度変わってたんじゃないかと思うよ。女子なんてのは特に嫌いだったね~醜い男には人権無いんじゃないかしらと思うほどだね、あいつらの態度って、、
とにかく、どんどん俺は卑屈になっていったし、周りの人間ってのは俺にとってよくわからないし恐ろしい存在だった。
何の話だけ?そうそう、本の感想を書こうとしてたんだった(笑)俺の悩みなんて書き出したらすさまじい量になっちゃうよ(笑)
まぁとにかく、そんな事以外にも、沢山、人生の様々な事に当時の俺は悩んでいたわけですよ(もちろん今もね☆)。19歳の青春真っ盛りの男が、夏休みのある日、一日中ベッドで悶々と頭抱えてるんですよ、病んでたね~(笑)「死」にもちょっとだけ興味がいったかな、今考えるとなかなか危なかったね(--;)
この本なんだけど、そんな俺を救って…はくれなかった。
そう、本読んではい解決!なんていかないよ。というか、今思うに、哲学って答えはくれないよ。むしろ余計に悩む事になるかもしれない。哲学に「答え」を期待してた俺はちょっと失望したかな。ただ、著者の考え・実体験はかなり刺激になった。
この本の著者の中島さんはたぶん俺以上に人の目が気になる人なんだと思う。周りの人間が恐ろしくて恐ろしくてたまらない人なんだね。世間的マジョリティの弱者への価値観の強要に疲れ果てた末に様々な独自の思想を気づき上げたんだね。
で、特に印象に残ったのは、この人は、他人を「精神的に殺す事」で強くなったって事。
「精神的に殺す」ってのは別に、嫌な奴を殺す妄想をするって事じゃないよ(--;)
つまり、この世界は、自分がその人に意味を与えられるってゆーふうに考えたんだと思う(あくまで俺の解釈!違ってたらごめんなさい!)
その人に意味を与えるのは自分。自分以外の人間は自分が意味をあたえる。意味を与えられる特権者は自分だ。これって最強だよね。グロテスクなまでの強さを身につけたんだね。
ガンディーは、白人にツバを吐きかけられながらも、「あなたが悲しいと思うから悲しいのだ、悲しいという感情を自ら選びとっているからあなたは悲しいと感じるのだ」って言ったって聞いた事があるけど、これとある種似てない(そんな事ない?)。
『人間は成熟する事によって決して美しくはならない。むしろ成熟するとは醜くなる事なんだ。成熟するとは、生きる技巧を身につけることでもあり、人生に鍛えられあきらめることでもあり、自分の乏しい資質を自認する事でもあり、それでもなお生きる事に執着することでもある』
多くの事が書かれています、一度は読んでみる価値があると思います。何故か落ち着くかもしれないし、嫌悪感を覚えるかもしれないし。けど、そこで、自分が何故そーゆう感想をもったか、それを考えてみるのもいいんじゃない?
以降俺は、今までは読書なんて大嫌いだったのに、本をちょくちょく読むようになりました。当時なんとかいつもの生活にもどれたのは、この本の力もあるのかなと思います。
徹夜で読み直してしまいました。こーゆう時は朝焼けが綺麗にみえるね。今日バンド練だ、、弾けねー、、
スポンサーサイト
  1. 2006/09/01(金) 06:42:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<イエモン! | ホーム | 創る者、創らない者>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/7-9633ca06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。