Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

[本] [読書メモ] アイデアのつくり方 - ジェームス・W・ヤング

アイデアのつくり方」という本を読みました。

webサービスを作りたいな、とか、スマホアプリを作りたいなとか、日々色々と思うのですが、では何を作るかというと中々まとまらない。

そんな時、この本の存在を知り、読んでみる事にしたのでした。

本自体は非常に薄く、50ページ程。
解説と訳者あとがきが着いて、全体では100ページ弱くらいです、

この本で書かれている肝は、アイデアがつくられる過程は以下の5ステップを通して行われ、かつ各ステップを経ずして次のステップへは遷移しないという点。

【アイデアがつくられる5ステップ】

1.資料集め

2.心の中で集めた資料に手を加える

3.孵化段階。一旦考えるのを止める

4.アイデアの誕生

5.アイデアを具体化し、展開させる



この本で、著者は「アイデアとは既存の要素の新しい組み合せ」であると説き、さらに「既存の要素を新しい一つの組み合せに導く才能は、事物の関連性を見つけ出す才能に依存するところが大きい」と説いています。

つまり、アイデアマンと言われる人達は、「既存の要素の関連性を見つけ出し組み合わせる事に長けた人」という事ですね。

では、自分がそうなるためにはどうすれば良いのか?

とにもかくにも、上記5ステップの1がまず重要なのではないでしょうか。

ここで集める資料には、「特殊資料」と「一般資料」の二種類があり、それぞれ以下のようになっています。

特殊資料:
製品と、それを売りたいと想定する人々(潜在顧客)についての資料

一般資料:
製品などの枠に関係無い、世界中の全ての多種多様な物事に関する知識


一般資料というのは、それこそ歴史からアートまで、世界中の様々な事柄に関する知識の事を言っています。

著者はこう言っています。

私がこれまでに知り合った真にすぐれた創造的広告マンはみんなきまって二つの顕著な特徴を持っている。第一は、例えばエジプトの埋葬習慣からモダンアートに至るまで、彼らが用意に興味を感じることのできないテーマはこの太陽の下には一つも存在しないという事。人生のすべての面が彼には魅力的なのである。第二に彼らはあらゆる方面のどんな知識でもむさぼり食う人間であったこと

こう言ってしまうと元も子もないのかもしれないけれど、創造的な人というのは、常に何かに興奮し楽しんでいるような、そんなアティチュードで人生に臨んでいる人なんじゃないでしょうか。

見るもの聞くもの全てに対して「なんだろうこれは、面白いなぁこれは」と常にキョロキョロできる事それこそが創造的であるための第一条件。

きっと、こういう人であれば自然と5ステップのうち、4段階目までは何の苦も無くできてしまうのでしょうね。

ただ、そういう態度を持っていないと創造的にはなれないのか?というとそうでは無くて、だからこそ著者は5つのステップを明示し世に示しているのだと思う。
これらを意識する事で、少しでも凡才な我々が創造的になれるように。


個人的に気に入った言葉がありまして、以下に引用します。

年齢を重ねるということは、諸君が活動的でいきいきした感情生活を放棄しない限り、諸君の貯蔵庫を豊富にするのにかなり役立つものである。

たまたま誕生日にこの本を移動中に読んでおり、この言葉が妙に気に入ってしまいました。

そう、いつまでも色々な物事に対して興味を持ってキョロキョロと、楽しく歳を重ねていきたいよね、と。




【読んだ内容をどう活かすか】

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合せ」
ここを意識していく事でしょうか。

また、偉大な先人がそういう言葉を遺している事を知り、アイデア同士を掛け合わせる事を躊躇しないようにする事。

日々、何事にも興味を持って、興味を持った対象については簡単にで良いからメモを取れたら良いのかもしれません。ブログに一行書くだけでもいいので。


本の内容自体は特別に真新しい事が書いてあるわけでは無いですが、改めてこうして書かれているものを読んで「そうだよね」と再認識できたのは良かったかと。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/14(月) 19:51:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<[旅][フランス][パリ] パリでマッタリ | ホーム | [日記] 先生の教授昇進祝い会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/460-cb9018f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。