Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

娘に贈る12の言葉 - ジム・ロジャース

再読した。

爽やかな読後感が得られる本です。

お父さんが、ニコニコと優しい目で、けれど、厳しさを伴って
「他者に流されず、自分の頭でしっかり考えるんだ。自分の人生をしっかりと自分の努力で作り上げていかなければいけないよ。」
と言っている様が目に浮かぶ。

世界を旅した大投資家の言葉は、派手でも何でもなくとても地道で労力を要するもの。

しっかりと夢に向かって努力すること
好きな事をやること
他者に流されず、自分の頭で考えること
歴史を学び、世界を見ること

どれもが、一朝一夕にできることではない。
けど、結局それこそが、良い人生を歩むための鍵なんだろうなと思う。

「幸運の扉は、いつだって懸命に努力をした者に開かれる」

世界で名を馳せた大投資家の口から出たこの言葉は、ずっしりと重い。

懸命に努力しろ。調べられる事は全て調べろ。「思う」ではなく「知っている」と言えるまで対象を熟知しろ。
大衆に流されるな。自分の頭で考えろ。そのために学び続けろ。


成功への道は、どうやら誰もが知っている事のようです。
ただ、それを続けられる人が世界にはとても少ないのでしょう。

ジムのように、日々懸命に学び続けられる人でいたい。


「娘よ、懸命に走れ。できるだけ遠くまで。そうすれば、君の夢は必ず実現するだろう。」
「愛する娘へ 追伸 大きくなったら、いっしょに世界を冒険しよう」

最後のページでちょっとウルッときました。


結構好きな本だ♪



スポンサーサイト
  1. 2012/06/18(月) 01:51:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<[英語] TOEIC 900 ゲット | ホーム | 競争と精神的向上>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/435-dfd54297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。