Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

100分de名著「アラン 幸福論」

今日、本屋に行ったらたまたま 100分de名著 アラン 幸福論 という本を見かけて、524円とお安かったのと、「あ、アランだ、懐かしいなぁ」という気持ちから思わず購入してしまいました。




あまり直近では読み返した記憶は無いけれど、アランの幸福論、以前は凄く好きな本で、よく通学中に読んでいました。

ちょっとネガティブに気持ちが振れた時にはこの本を読んで気持ちをポジティブに切り替えてた。

過去にブログにも書いたなぁと思い、ちょっと検索してみたら、2006/9/14 と2009/7/13 に書いていました。
今、過去の自分のブログを読み返してみると、なんだか凄くハズカシいですね(笑)

2006年のエントリ

2009年のエントリ

特に、2006年の時のブログなんて、文がなんだか若くて若くて(恥)

けど、当時どんな事を考えていたのか、こうやって自分の軌跡みたいな形で残せているのは、ブログをやっていて良かった事です。


それはそうと、さっそく、明日から通勤時間には資格の勉強の息抜きにアランを再読してみたいと思います♪

今でも、以下の言葉は大好きです。
これは、本当に刺さった。

悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである(no.93)」

人間は、自然と悲観的になりがちな存在なのかもしれない。
けれど、そんな時、意志の力で楽観主義へと自分を方向付けする事ができる。

自分の精神状態を自然の気分に任せたまま、ポジティブな気分になれない事を嘆いていた自分に、「そうか、ポジティブでいるためには事は、自分の意志の力で自分をポジティブな方向へ意識づけなきゃいけないんだ」と気づかせてくれた言葉。

人間って、自然にしてたらネガティブに傾きがちなのかも。だから、意志の力を使わなきゃいけないんだ。

そんな気づきを大学生当時もらった本。

再読するのが楽しみです♪


スポンサーサイト
  1. 2012/06/04(月) 02:09:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<飲み屋に夢への道は無い | ホーム | ITIL v3 Foundation 合格>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/431-d28ec41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。