Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

外国語の難しさと、居心地の良さ

twitterで、@elm200さんがこんな事を言われていた

私にとっての日本の一つの問題点は(全く日本のせいではないのだが)日本にいると完璧に日本語が理解出来てしまう点にある。そうすると聞きたくもない話が目や耳に入りやすくなる。外国にも日本と同様の馬鹿馬鹿しい話はあるはずだが、耳にしなくて済むのはありがたい。




海外では、言葉が100%理解できないが故の居心地の良さがある。

それに凄く共感。

露骨に表情に出されない限り、なんだかみんな無害~親切な人に思えてしまう。
それは、外国語の場合、その人が汚い言葉やメンドクサイ事や失礼な冗談を言ったとしても、気づかずにスルーしてしまう事が多いから。

意図せずして、自分に都合の悪い言葉や不快な言葉を削ぎ落とした世界を過ごす事になるという傾向があると思う。

良いんだか悪いんだか。。


けど、仮に周囲の見知らぬ人間の俗な話や下品な会話なんかまでありありと分かるようになってしまって少し失望するかもしれないとしても、ある特定の外国語に習熟し、ネイティブとの間にあるオブラートを突き破って、本当に異国の空間に溶け込むという体験は、それはそれで貴重だろな。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/23(水) 01:07:44|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<ITIL v3 Foundation 合格 | ホーム | シュウカツの是非>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/429-1256dff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。