Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

経営者目線

どうも、最近はGypsy Kingsにハマっていますながたかです。

自分はラテンのノリが好きだなぁと再認識した最近です♪ルンバルンバ~♪これくらいシャープにノリを良く弾けるようになりたいー!!

以下に誰でも聞いた事があるだろう二曲のリンクを貼るので、是非興味があったら聞いてみてください^^








さて、今日、なんとなく「経営者目線でシゴトが出来るエンジニア/ビジネスマンになりたい」と就活中に言っていたのを思い出しました。

そして、日々そんな事に全く意識がいっていない自分に気づきガッカリしたので、自戒を込めて書きます。

例えば、システムのログ管理を学んだとしましょう。

そしたら、「ここの設定はこうしてあぁして云々...」「こういうエラーが出てるときはココをアーしてあそこをアレして云々...」と、まずは目の前のタスクをしっかりとこなすことは必須。

けど、それ以上に考えは回っていないのが今の自分。

理想はどうか?

「ログは、ただ単にシステムが正常に稼働しているかどうかを知るためだけにあるのでは無い」という事までしっかりと意識しながら作業にあたれるのが、経営目線を持ったエンジニアではないのか?

つまり、ログにはどこに誰がアクセスしたのかといった情報や、どこに何が保存されているのかという情報も含まれているわけで、「内部統制や個人情報など、情報セキュリティが重視されている昨今、ログは、内部で情報が適切に扱われているのかを確認するためのものという面も持っている」と意識できるかどうか。

自分がもしログの管理手法を誤ったら?漏れがあったら?その場合、万一情報漏洩事故などが起きた際、会社は自身の正当性を主張できるのか?

その際に起きる社会的信頼の欠落やお客様からの不信感などによる損害はどれほどになるのか?

大げさかもしれないけれど、そこまで意識に置いて作業にあたれるか。そういう事を意識出来る人になりたいって就活中に言っていたじゃないか、入社したからって平和ボケしたのか?


システムにエラーが起きた際には「ここをアレするとこうなって、そしたらアレをコレして云々...」というのがわかっているのはエンジニアとして当たり前。

それだけで満足しそうじゃない?今の俺。。と、ガッカリ。

そうじゃなくてさ、エラーが起きたら、システムが止まったら、お客様にどれほどの迷惑をかけるの?

「マニュアルを見ながらやれば出来るっしょ」とか言ってるけど、自分がしっかりと早期にエラーを復旧出来る事でSLAを満たせた場合と、マニュアルを見ながらトロトロやった事によってSLAが満たせなかった場合のインパクトの違いって意識できてる?

で、そこで失う今後の契約という機会損失はどれだけ甚大なの?

目の前の知識吸収にイッパイイッパイになって、大きな視点が全く欠けてるよ、最近の俺。


自戒を込めてエントリーとしました。

それでは、また明日からも頑張りましょう!!
スポンサーサイト
  1. 2010/06/15(火) 23:35:47|
  2. 経営
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<ご近所スタジオ初利用 | ホーム | BODY SHOPとCSR>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/397-4e477ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。