Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

新しい広告のカタチ

どうも、久々にCDを買いましたながたかです。

バンド練の後に某同期を誘って久々にユニオンに行ってきました!

最後にCDを買ったのはいつだったか...なんかCDにお金を使う余裕がこの数ヶ月無かったような...たまには、という事で買いに行きました。

収穫は、エアロにボンジョビにKing'sX。普通のロックばっかり。
そういやメタルコーナーの滞在時間短かったな、ワシも変りましたわw

いや~しかし、初期のエアロ、昔は好きじゃなかったんですけど、今聴くと凄くいいですね~、ジョーのギターがカッコいいです^^



さて、前置きはこれくらいにして、BCGの御立さんの著書「経営思考の補助線」に書いてあった内容で、オモシロいなと思った事があったのをフと思い出したのでそれを書く。

それは、「それでもCMを見ますか?テレビビジネスの将来を読み解く」と題された項。

最近は全ての地上波の番組を自動で一定期間分録画してHDに保存しておけるレコーダーが普及してきていますよね。

さらに、これらにはCMをスキップする機能を備えたものもあるとの事。
(自分は普段あまりテレビを見ないし、自宅のテレビは今だにアナログってな具合にこの分野の最新事情に疎いのですが、CMスキップ機能なんてもの聞いたときにはメチャクチャ便利じゃんと関心してしまいましたw)

そうなると、視聴者はCMなんてみんなスキップしてしまうのではないか?という疑問が湧きますよね。

ここで挙げられている、これらに伴って起こるであろう変化が三つあります。

それは
1, コンテンツとしてパワーを持つ広告の価値が相対的に高まる
2, プレースメント型広告が増える
3, コンテンツビジネスとしての戦略の巧拙が、テレビビジネスの成功・失敗をはっきり分ける
という三点。

この中で、特にオモシロいなと思ったのは2のプレースメント型広告の話。

プレースメント型広告とは、コンテンツの中に自社の商品や広告を登場させるという手法。

例えば、映画トランスフォーマーを観た人で、GMCやシボレーのエンブレムやロゴがでかでかとスクリーンに映っていたのを覚えている方もいるのでは?まさにあれですね。(アレを観てちょっとカマロが欲しくなったじゃないか!)

自動車メーカーが自社の車を提供したり、また、飲料メーカーが自社の製品を提供し、主人公がそれを飲むシーンを組み込んだり。

これはコンテンツに組み込まれているのでスキップが不可能となります。

これって、「流され易い」とよく言われる日本人向けのマーケティングとしてはかなり効果を発揮する可能性があるように思えますよね。(日本人が本当に流され易いのかどうかは知りませんが...まぁそんな気はしますがね。。)

人気俳優扮する月九の主人公に、スポンサー企業の製品を着用・使用・飲食させる。

辟易するくらい、某ドラマでキムタクが着ていたのとそっくりなダウンジャケットを着た兄ちゃん達が街に溢れていた時期があったのを思い出しますねぇ。。

ここでさらにだめ押しで、テレビからネットの利用が可能な事を使い、番組に対応したオンラインスポンサーショップへリモコン操作一つでアクセス可能にしてみたりするのも効果がありそうですね。

例えば、「あ、あのヒロインが着ている服かわい~」と思ったら、リモコンでポチッとボタンを押すだけで、スポンサー企業提供のその番組内で使用されているアイテムを集めた情報サイトへアクセス可能、そしてそのまま即オンラインショッピングが可能、ってな具合に広げたら良さそうですね。

ドラマ内でのその商品が登場したシーンのスクリーンショットの横に「○○があのシーンで着用していたのはコチラ (\××円)」みたいなね。

ドラマの進行に伴って、リアルタイムに商品ラインナップが更新されていったりというのも楽しいかも。

う~ん、こういうのってどうなんだろう、実際既にもうやられているのだろうか?
前述のように、自分は全然テレビに興味が無い人なので事情に疎い上、今このエントリーを書くにあたって特に調べたわけではないのでわかりません。

もし既にそういうのは当たり前に行われているなら教えてください。


さてさて、なんだか夜更かしをしてしまってますね、学祭やら研究室お泊まりやらでちょっと乱れ気味です。
もう四ヶ月で社会人だし、朝方矯正しますよ!

それではおやすみなさいzzz


スポンサーサイト
  1. 2009/11/24(火) 03:43:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<グレーの濃さ | ホーム | Kindle for PC>>

コメント

ちょうどいま、ウェブサイトでそれをやっているドラマがありますね。
放送中にすぐ売り切れるらしいです。
http://ktvolm.jp/h/index.php?shop=8
http://www.csk.com/sys-nishi/press/2009/20091009_1.html

こういう事を地デジのデータ放送でやっていこう、という流れは数年前からあります。ただ、テレビをネットに繋げていない人が多いので普及してないだけ。
ただし、ワンセグだとケータイが既にネットワークに繋がっているので、通販サイトや限定コンテンツの販売サイトに誘導する仕組みはもう出来ていますよ!!
  1. 2009/11/24(火) 12:41:26 |
  2. URL |
  3. tanishi #-
  4. [ 編集]

なるほど!情報thx!
やっぱそういう流れになるべくしてなりますよね~
しかし、仕組みが出来てもテレビをネットに繋いでいない人が多いから広まらないって理由はなんだか過去色々な場面で見たような…エンドユーザが動かないことにはねぇ(笑)

ワンセグでもそういうのあるんだねぇ…そういや、未だに携帯でテレビを見たことが無いんだよなぁ…おじさんどんどん取り残されてますわ(笑)
  1. 2009/11/24(火) 12:49:32 |
  2. URL |
  3. ながたか #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/383-2f7cdf57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。