Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

Kindle for PC

久々に更新します。

最近はAndroidが気になっているながたかです!

自宅のMacBookにSDKをダウンロード、インストールをし、サンプルアプリをエミュレータ上で動かす、というトコロまではやったのですが、研究の進みが芳しく無い事もありあまり時間がとれないので、気長にちょっとずつ実験してみようかなと思います。

気に入ったらそのうち携帯をAndroid端末にしようかなと思います。


さてさて、何やらAmazonでKindlr for PCというものがダウンロード出来るようになっていますね!

全然知らなかったんですが、昨日たまたまリンクに気づいて知りました。

http://www.amazon.com/gp/feature.html/?ie=UTF8&docId=1000426311

サイトには
Read Kindle Books on Your Computer

* Get the best reading experience available on your PC. No Kindle required
* Access your Kindle books even if you don't have your Kindle with you
* Automatically synchronizes your last page read and annotations between devices with Whispersync
* Create bookmarks and view the annotations you created on your Kindle

とありますね。

先日日本でもKindleが発売され話題になったのは記憶に新しいですが(Kindleが気になる旨のエントリーも書きましたっけ)、今度はforPCときましたか(ちなみに、現状対応はWindows Vista & 7のようですが、Mac version coming soonと小さく書いてあります^^)

これって、まんまAppleがiPodとiTunes, Itunes Storeで作り上げたシステムの書籍版が出来てしまいますね。

iPod = Kindle
iTunes = Kindle for PC
iTunes Store = Amazonのウェブサイト(Kindle store)

Appleとの決定的な違いは、Amazonは実物のモノも扱っているという点でしょうか。

リアルの書籍で既にAmazonはかなり流通市場におけるシェアを持っているだろうから、Kindleによって電子書籍を押さえ、さらにKindle + Amazon(webサイト) + Kindle for PCで人々の「読む」という行為を支える流通インフラとしての地位を固められたら、もうそのフィールドではAmazonに敵う者はいなくなってしまうのでは?

いよいよKindleの購入を検討してみようかなぁ。。

本だけじゃなくて論文とか新聞とかKidnel一つで済んだら楽だろうなぁ。
唯一気がかりなのは読み易さか。実際に手に取って試してみたい。。


あ、今ちょっと思ったのだけど、iTunesでPodcastを配信していますが、あれのテキストとかをPDFで配布してもらって、iPodで音声を、Kindleでテキストをってな感じに利用してみたりするのもいいなぁ。


そういえば、以前、音声教材はiTunes Storeで別売りという英語の書籍を買った事があるのだけど、もしこういった書籍が電子版も出たら、テキストも音声教材も両方ダウンロードでっていう形になるのか。

そのうちAmazonとAppleがタッグを組んで、最強の総合デジタルコンテンツマーケットを作ったりして。

これからの市場が楽しみですね^^
便利になるのは大歓迎です♪



さて、明日はバイトだぁ、前回振られた仕事は処理が理解出来ず全然手が進まなくて情けないやら悔しいやらだったので、今度こそ実装出来るといいな。。頑張るぞ!
スポンサーサイト
  1. 2009/11/18(水) 02:22:26|
  2. IT業界話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<新しい広告のカタチ | ホーム | 時給が>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/382-f1f7863c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。