Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

日本語が亡びるとき

どうも、ついさっきMac Book touchとかいうドスゲェ物をネットで知り、少々戸惑っているながたかです(笑)

http://www.gizmodo.jp/2009/09/macbook_touch.html

あんまり用途が思いつかないな、これw

けど、俺みたいな凡人では思いつかない便利な用途や、これを最大限活かしたガジェットを創りだすクリエイティビティを持った人達がきっと盛り上げて行くのでしょう。

まぁ、Apple自身による発表を待ちましょう。



ところで、さっき、なんでだかわからないけど、フと以前読んだ「日本語が亡びるとき」の事を思い出した。




なんでだろう、よくわからないけど...

この本、一時期かなり話題になっていましたよね、たしか梅田さんと彈さんがブログで紹介していて、それを見たワタシは何も考えずにAmazonで注文して購入した記憶があります(笑)

母国語で読み、母国語で書く事が出来る。そんな事は当たり前だと思っていたのですが、それは自分が日本人だからなんだなぁ、と考えさせられた記憶があります。それは幸運な事なのだと。


英語が普遍語、地球語と言えそうなくらい(特にビジネスだとね)広く使われているというのは、もう以前から言われていますよね。

「英語公用語論」みたいな、流石に偏ってるような印象を受ける意見も色々と存在するみたいですが、まぁそこまでではないですけど、以前から「英語英語!」という風潮ではあったし、やっぱり、自分達も無意識にそういう風に思っていた所があります。

語学→「とりあえず英語」みたいな風になるのは、やはりそれだけ「英語が出来れば世界と繋がれる」という事があるからかと。


インターネットという技術と、その普及に伴って、自分の言葉を世界に届かせるツールの一翼を担うのが英語ですね。


この本で言う所の非対称性故に、この英語の世紀にこれから社会に出てビジネスをしていく自分としては、たまに「英語ネイティブな国に生まれていれば英語を勉強する時間と労力を別の事にまわせるのになぁ」という、考えてもしょうがない事を考えてしまいがちですが、そこはもうどうしようもないので、日本に生まれたからこその強みみたいな物を探して行けたらいいですね。

今ここで具体的に上げられないのがもどかしいですが。。


100年後くらいに、「実用語としての英語」、「教養としての日本語」みたいになっていないといいのですが。。

「世界第二位の経済大国」の座を間もなく失うのも、日本語を学ぶ理由が減る一因ですよね。

まぁいいや、こういう、色んな所で議論され尽くしたような事を、素人がゴチャゴチャ言っていてもしょうがないので。


なんとなく思ったのですが、なんていうか、日本語って、デジタルと相性が悪いですよね?

現に、日本語はマルチバイトだからデータ量多いし...その筋の専門の人からしたら「そんなの大昔から言われている」とか言われてしまうのかな?まぁとにかく。

英語って、シンプルなアルファベットという基本要素たかだか26種類の組み合わせで作られているわけです。

けど、日本語って、漢字っていう基本要素がそもそも複雑な上、こいつらが膨大な種類存在して、さらにその組み合わせから成る単語も膨大にあるってんじゃ、これは厳しい。。

デジタルと親和性が高いのは、やっぱりシンプルな基本要素の組み合わせから成る英語の方でしょうね。

これはまぁ学ぶ側からしても、敷居が高く感じる原因ですしね。。
ワタシ、サイキン カンジガ カケマセン...PCノ ヘンカンニ スベテ イゾン デス


上記は、将来的に最強の経済大国になるであろう中国の中国語が、英語みたいな地位につけるのかというと、ちょっとハテナだなと思う理由でもあります。


さぁ、だんだん何が言いたいのかわからなくなってきましたw
ゴールを決めて書き始めないと文が落ち着かない(笑)

まぁ、考えた事をこうやってただひたすらにタイプしていくのはこれはこれで楽しいからいいんです♪読む方は疲れるかもだけど(そもそも、途中で読むのを止められてしまうかも T.T )

とりあえず、このデジタルな世紀に、日本語の力って益々弱くなっていくのかなぁ、なんて思った次第です。
ま、なんか気持ち悪いけどココらでこのエントリーは止めます(笑)
とりあえず、英語の勉強頑張りま~す!w


では、また明日も頑張っていきましょう^^
スポンサーサイト
  1. 2009/09/29(火) 02:35:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<MITのCS6.001、schemeからpythonへ | ホーム | 復習など>>

コメント

MacBook touch

MacBook touchのパーツ製造に関わる台湾企業は、Wintek、
DynaPack International Technology、
MAG. Layers Scientific-Technics、
Wanshih Electronic
の以上4社のです。





だが、うちは以上の会社の一株も持ってません。。。。

なんかすごく残念な気持ち。。。Orz

でも考えてもしょうがない。
勉強頑張るしかない。
  1. 2009/09/29(火) 09:37:19 |
  2. URL |
  3. ショウ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/371-faecd303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。