Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

大きな石、大きな意志

今日はバイトでした。
先日起こった芸能事務所アミューズの顧客情報流出事件は、SQLインジェクションによるもの、という解説を日経新聞で読み、SQLインジェクション初め様々なセキュリティリスクについて調べたせいで、自分が普段書いているコードは果たしてダイジョウブなんだろうかとなにやら不安を感じながらプログラミングしてました。。

まぁそれはそのうちまたブログに書くかも。



ところで、池田先生のブログ経由で堀江さんのちょっとした小話を見つけた。

以下一部引用

目の前に4リットル入る大きな壺があります。
彼は箱からコブシ大の石を十数個取り出して壺に入れました。これ以上入らなくなったところで、聞きました。「この壺はいっぱいでしょうか」
全員が「いっぱいです」と答えました。

次に彼は小石をたくさん入れたバッグを取り出しました。
小石を何個か取り出して壺に入れて、揺すりました。するとすきまが詰まって小石が壺の中におさまりました。
彼はもう一度尋ねました。「この壺はいっぱいでしょうか」
今度はみんな答えることができず、次に何かあるのかなと首をかしげました。

すると彼は次に砂の入ったバケツを取り出して、壺の中に砂を注ぎいれました。
みんなを見渡してもう一度尋ねました。「この壺はいっぱいでしょうか」
何人かは「そうかもしれない」と言いましたが、みんな黙っています。

次に彼は水差しを取り出して、壺がいっぱいになるまで水を注ぎ始めました。
一同を眺めわたし、尋ねました。「この実験の意味は何だと思いますか」

頭のいい若者が答えました。「どんなにスケジュールがいっぱいでもよく考えればもっと仕事を入れることができる」と。
彼は「違います」と笑顔で答えました。「そう答える人が多いのですが、そういう意味ではありません」

「この実験から学べることは、最初に大きな石を入れないと、それは後からは永遠に入れられなくなるということです」

さて、あなたの人生の「大きな石」は何でしょう。家族との時間、将来の夢、健康、それとも志でしょうか。最初にそれを入れないと、それは永遠に入れられなくなるのです。




この話しにはマイッタ。。

壺の大きさのように、人の人生なんて有限だから、自分にとっての大きな石を修めるんだっていう大きな意志を持って時間の使い方を選択していかないと、あっという間に砂と小石で埋め尽くされて人生は終わってしまう。

もっとミクロに見れば、日々の自分の時間を何に充てるのかという事。

小石に惑わされずに、まずは大きな石を入れるための活動に自分の時間を使っているか?

自分が今日の予定に入れようとしているこの時間は、果たして大きな石を入れるためか、それともただの小石を得るための作業か。

日々この問いかけと選択の連続。

ちょっとしばらく頭から離れなそうな小話でした。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/13(木) 02:02:24|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<当たりが付けられれば... | ホーム | さまそに>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/357-ac4ca5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。