Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

「プロ」経営者

ども、久々に二日連続でブログ更新してみます^^
最近は改めて「速さ」にこだわってみようと、メトロノームに合わせてYngwieのフレーズを弾いているワタクシです。
ちょっとギターの練習サボりがちだったのでリハビリがキツいっす...



さっきWBSを見ていたら、藤井清孝さんが出ていた。

「あ、藤井さんだ」と思い見たら、肩書きが「ベタープレイス・ジャパン代表取締役社長」となっていた。

ヴィトンの社長からまた違う会社の社長になっていたようだ。

藤井さんの経歴はハーバードMBAを取得後、マッキンゼー、ファーストボストン、ブーズ アレンを経て、
日本ケイデンス・デザイン・システムズ代表取締役社長
SAPジャパン代表取締役社長
クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン代表取締役社長
ルイ・ヴィトンジャパンカンパニーCEO
とまぁ、凄い事に...

言ってしまえば、「プロ」の経営者。

アメリカでは「経営者」というプロフェッションが存在するのだと誰かが話していたけれど、正に藤井さんのような人を言うのかな。

ある会社の社長が、別の会社の社長に就任したって話し、よく聞きますよね。

最近で有名なのはHP→ダイエー→MSと渡っている樋口さんとか。

マーサージャパンの社長だった柴田さんも、CCCの社長をされています。

こんな風に、「経営のプロ」な人達っているんだなぁと。

そして、コンテンツは違えど、思考プロセスって大体共通だからこそ、彼らのような「プロ」経営者って存在し得るのかなぁと思います。

自分もそういう思考できるようになりたい!!!

ただ、自分が思いつくこういった類の人の共通しているのが...MBA (T.T)

いや、MBAが彼らに力を与えてくれているんじゃなくて、その取得プロセスにおける猛烈な努力が彼らに力を与えているんだと考えれば、自分次第なハズ!

MBAって、ホント猛烈に勉強するらしいし、それに比べれば自分の現状なんて遊んでいるも同然...orz

今後も精進精進です。


せっかく話しに出したので、ワタシの大好きな「外資系トップの仕事力」という本から、藤井さんの言葉を紹介します。

三菱商事の内定を蹴ってマッキンゼーへの入社を考えていた際、相談すると9割の人から反対意見を投げられたとの事。
そこでの9割の反対派と1割の賛成派についての藤井さんの言葉が凄く印象的

「マッキンゼーの事を悪く言う人は、全部イメージがベースだった。対して、よく言う人は全部事実のコメントだった。自分がよく知らない事には人は批判的になりやすい。そういう力がここでも働いたのだろう」



自分の発言がファクト(事実)ベースなのか、イメージベースなのか、ちょっと再考したくなる言葉ですよね。

ついつい、よくわからない事って、懐疑的なコメントを投げてしまったりしがちかなぁと。

実際はよくわからないのだけど、なんかそれっぽい理由を付けては反対してみたりしがちじゃないですか、人って。

自分も気をつけて、自分の発言にはしっかり責任を持つ事を心がけなきゃなと思うのです。


最後にもう一個引用

「人の役に立てているかどうか。それにはっきりと答えられないのなら、企業も個人も、やがて淘汰されていくんです」



さてさて、明日もまた頑張っていきまっしょう p(^^)q


スポンサーサイト
  1. 2009/08/05(水) 01:01:04|
  2. 経営
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<さまそに | ホーム | jazz vs symphony>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/355-6aa4cc34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。