Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

次へ渡せ!

今日はDVDにて
ペイフォワード
ペイフォワード

という映画を見ました。

主人公の少年は社会科の課題で、世界のために自分ができる事を考えるんですね。
で、その結果彼が考えついたのが、このタイトルにもなってる"Pay It Forward"なわけです。
これは日本語にすると、「次へ渡せ」という事だそうで。
これは、まず自分が誰か三人に善い事をしてあげます。
次に、その善意を受けた三人はそれぞれ、これまた三人に善い事をしてあげるんですね、つまり、善い行いを「次へ渡せ」というわけです。
当然、これが何度か繰り返されれば世界中の人に行き着く計算になるわけですね。
実はこの映画を見てみたいと思ったのは、あるサイトで、このPay It Forwardという運動が実際に行われているらしい事を知ったからなのでした。
初めてこの内容を知った時はなんだか不思議な気分になりました。
自分にもできる気がするもんね。
確かに、理想論ではあるけど、理想を持つ事は大切だよね。
「自分一人がどうこうしたって何にもならない」とか、この映画の主人公の台詞である「世界なんてクソ」と思ってしまうのは分かります。
俺も実際、人間社会に良い感情は持っていない。
とくに、凶悪犯罪や、政治家の不正等悪いニュースを見たり、もっと身近では、マナーを守れない輩(ゴミをその辺に平気で捨てるバカとか、タバコを喫煙所外で吸ってるアホとか)を見ると殴り掛かりたく…おっとw
けど、一度そう考える負の自分に麻酔をかけて、自分の身近な世界にPay It Forwardを実践してみようかなと思いました。

そんなに気負う事は無いんだと思う。

バイト先に行った時、いつもより元気に挨拶をしてみる。
いつもより頑張って仕事をしてみる。
普段から柔らかい表情を心がける。
電車での移動中お年寄りがいたら席を譲ってみる(やった事何回かあるけど照れくさくてその場から逃げたくなるよね、アレw)
自然に道を譲る。
そんな身近なトコロから始められる。
それをした結果、相手に何か(いいリアクションなり感謝なり)を求めてしまうと、自分の思うようにいかないとイライラしてしまうだろうけど、行為それ自体が目的。
たしか、カント的に言うと、何かその好意自体以外の気持ちのある善意は善ではなかったような、、
あれ?行為自体を目的とするのも善ではないんだったかな??(忘れちゃったなぁ、読み直さなきゃorz)。

とにかく、これで自分にとってなにかメリットがとか、そんな事は考えず、ただPay It Forwardをしてみたいと思ったのでした。

映画のストーリーには多少不満があります、、
お母さんの恋愛でドタバタってのはなんか嫌だなぁ、、
テーマが良いんだから、最初に登場したホームレスからもっと話を広げたり、いじめられてた友達に絡めてストーリーが展開してほしかった、、

最後に彼は言うんですね、「世界は思ってる程クソじゃない」

けど最後に主人公が…orz
ナンデこの結末、、

まぁ気になる人は見てみて!
ほんで少しでも共感したらセコセコPay backなんて期待せずに、明日からPay It Forward!!
スポンサーサイト
  1. 2007/03/25(日) 02:11:52|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<届いた~☆ | ホーム | もう三月も下旬か、、>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/35-bc77a177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。