Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

渋谷で働く社長

サーバーエージェントの藤田晋さんの本を何故か急に読み直してみた。

最初にこの本を読んだ時にエントリーを自分で再読してみた。


この本を読んで、「ベンチャーっていう生き方も面白そうだな」と思いました。

さすがに自分で企業とまではいかなくとも、就活の時にはベンチャー企業にも目を向けてみようと思いました。



と書いているのが2007年の11月か...

あの頃から見ると色々な経験をしたのかな。

就活を通して色んな事を考えた、年功序列の事、終身雇用の事、グローバル化の事、日本の事、IT産業の事etc...そして、自分の人生の事。

ベンチャー(というにはかなり規模が大きくなっているけれど)でのインターンを経験した。

別のベンチャー(こちらはまさしくベンチャーというにふさわしい規模)でのアルバイトも継続中。

色んな本も読んだ。

今回約1年半を経て同じ本を読み返したわけだけど、違う感想を持ちました。

自分でもやってみたい!

就活をしていて最近凄く「将来何をしていたいか」を意識するようになったのですが、最近はずっと「自分でビジネスを立ち上げてみたい」なんて考えています。

たぶんそんな事もあって突然この本を読み返したくなったんだと思う。

もしもやるならどういうビジネスがやってみたいか、なんとなく今現在興味があるテーマはある。

まぁ自分が成功像として漠然とイメージしているのはサイバーエージェントみたいな規模の会社ではなくもっとユルいのだけど。

金持父さんのクワドラント的に言うならばドコかと考えた所、自分が将来やってみたいのはSクワドラントだという結論に。

まぁそれについては後でまた書こうと思う。

とにかく今回読み直してみて、唯一無二な人生に憧れる自分に改めて気づきました。

そうそう、そういった興味の流れで、ここ数日間はこの本も読んでいました。


また読み終わったら時間みつけて感想を書きたいなと。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/22(日) 22:09:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<ついに登場!「英語熱.com」 | ホーム | 皇居RUN!!>>

コメント

おぉ!偶然ですな!私も2006年~2008年までに、自分がmixiに書いてきた日記を見つめなおしておりましたよ!

やはり、当時の日記を振り返ると、今進んでいる道は、過去の自分達が、当時、持てる限りの情報をすべて使って、不確実な未来に対して、合理的に考えつくした最善のルート選択の結果であって、各時点の自分は、しっかりと考えて行動をしていたのだから、自分にとって、これ以上良い選択肢はない!と確信しましたYO!

ホント、一時は、ネガキャンやら挑発を真に受けてすさんだりで、ながたかさんにもご迷惑をお掛けしてスミマセンでしたm(- -)m

これからも、お互い、唯一無二な人生を送れるようがんばっていきましょう!

そのためにも、体は資本だねw体鍛えますはw次に皇居RUNするときは10km完走がんばりますよ!
  1. 2009/03/23(月) 01:19:23 |
  2. URL |
  3. みや #-
  4. [ 編集]

昔書いた自分のエントリーを読み返すのは結構考えさせられたりするよね、それもブログの良い所の一つですな。
「あぁ、こんな事考えてたんだなぁ」「こんな事を考えて行動して、結果こうなって今に至るんだなぁ」とか振り返れるからね。

> 今進んでいる道は、過去の自分達が、当時、持てる限りの情報をすべて使って、不確実な未来に対して、合理的に考えつくした最善のルート選択の結果であって、各時点の自分は、しっかりと考えて行動をしていたのだから、自分にとって、これ以上良い選択肢はない!

いつでも自分の現状に対してそう言えるように生きていたいよね!!
「正解なんてわかんないし、あるのか知らんけど、持てる情報をフルに使って考え尽くした結果なんだからイイじゃん!」ってね。

ネガキャン(笑)そういう事もあったね(苦笑)
まぁ今後は仕事上で何か鬱憤が溜まったら遠慮なく愚痴ってくださいな、付き合いますよ☆
  1. 2009/03/23(月) 21:43:01 |
  2. URL |
  3. ながたか #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/335-4a14e646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。