Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

近況

1:ケーススタディ対策セミナーに行ってきました!
2:インターン始まりました!


まずは1に関して。
某就活支援サービス主催のケーススタディ対策セミナーへ参加してきました。

ケーススタディとは、例えば「日本にある電柱の総数は?」といった質問に、自分で適切な仮定を設定し、論理的に考えを展開し答えを導きだすというもので、コンサル関係の面接なんかでよくある物です。

で、俺はコンサルも志望しているのでこのセミナーに参加して勉強してきました!

3つ机の置かれた部屋に17人参加者がいて、各テーブルに6人くらいな感じでグループになり実際にやりましたよ、ケーススタディ。

問題は
1:日本全国に公衆電話はいくつあるか?
2:腕時計の市場規模は?

の二問。

まずは自分で考えて、その後みんなで話し合う。

う~ん、公衆電話の数...「えっとぉ、公衆電話ってドコにあるっけ?空港だろ、駅だろ、あと商業施設にもあるよなぁ...う~ん、道路にもあるし...じゃあ、それぞれ規模で分類して、後は...」
なんて考えた始めちゃった俺は完全負け組でしたw

同じグループの東大生の解答に「成る程」と唸ってしまいました...

考えられる方針としては二つ
需要側からのアプローチ
供給側からのアプローチ

で、今回の問題は供給側からのアプローチ(俺がやったような考え方)をしてしまうと、どうしてもモレが発生発生するので需要側からのアプローチで攻めると。

そして、需要側からのアプローチにもさらに2通りあって、人口からのアプローチと、ニホンの面積からのアプローチ。

まぁこの件をグダグダ全てここに書きはしませんが、ケーススタディ初体験の俺は彼の説明に「へぇ~!」って関心しっぱなしでしたw

この失敗を元に、二問目に関しては、いい感じの数字が自力で考えられて嬉しかった♪

解答が無い問題を自分で適切な仮定を与えて論理的に推論していくっていう、普段と違った頭の使い方をしたし、セミナー後の雑談も楽しかったし、実のあるセミナーでした♪

メモった事はしっかり読み直して自分の血肉にしていきたいです!
「就活対策」というよりは、こういう頭の使い方も出来るようになりたいなぁと痛感したんで、もっと就活よりも先を見据えてこの辺は勉強していきたいな。

興味がある人はこんな本がお薦めです


(俺はまだ読んでいませんw自分の読んでいない本を薦めるなんて心苦しいですが...この分野の対策本としては有名なので)

しかし東大生率高かったなぁorz
やはりコンサルは東大が多いのだろうか...



で、インターン始まりました。

中々キツいですw

けど、これは本気でぶつかったら得られる物が多そうな気がします!
友達もできるしね♪

毎日必死で、しかも家が遠いため睡眠時間が減り、満員電車通勤のため体力消費も激しいですが、いい機会なんで、もっと自分に期待しつつ自分を追い込んでみたいなぁと。

一回り成長したいな。

頑張るぞ!!
スポンサーサイト
  1. 2008/09/07(日) 22:41:49|
  2. 就活etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<近況2 | ホーム | グローバルメタル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/242-da5f4546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。