Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

snob

考えている人間は考えていない人間より優れているのだという欺瞞。

悩んでいる人間は、悩まずに呑気に暮らしている輩より崇高なのだという欺瞞。

勉強している人間は、勉強していない人間より高尚なのだという欺瞞。

イロイロあるんだけど、どれもみんなくだらないなぁと最近痛感する。


恥を承知で書くが、自分は一時期、大分この欺瞞に絡めとられてしまっていた。

この辺の事は、中島義道さんが著書の中で書いていて、それを読んだとき、なんだか自分の事を言われているようで恥ずかしい思いがした。

人生の様々な事に悩むと、いつの間にか、(実際にはそんなことはないのだろうけど)深く考えずに日々のほほんと暮らしているような人を卑下しそうになる自分に気づく。

勉強や努力を極力しないで済ませたいと考えている人を、残念に感じる。
...etc
その他イロイロあるけど、どれもくだらんなと。

各人が、各人の主体性によって好きなように生きればいいだけの話しなのに。

自分の価値観の幅を自分の脳内から外の世界にまで広げて、一般化しだすからタチが悪い。

「こういう欺瞞に陥ってはいけない、みんな、それぞれの人生、それぞれの好きなようにやればいいじゃないか。勝手に自分の考えを一般化して人を評価・判断するなんて言語道断だ」と電車の中で以前の自分を反省していた。

そんな事を考えていたら、ふと、俗物の類型というものを中島さんが著書の中で書いていて、とてもオモシロかったのを思い出したので、再読してみる。


中島さんの言うところによれば、俗物とは、
『世の中で価値あるとみなされていることに対して抵抗し難い崇拝の感情をもち、それを崇め奉ることにトンと自制心が傷つかない人』
である、と。

ただ、これだけでは終わらなくて、実は、この対極の俗物も存在する

それは、こういったものへ反抗する態度、無関心を装う態度etc


本文中での引用がメチャクチャオモシロい!

(「地域俗物」「合理主義俗物」「性的俗物」「精神的俗物」「職業的俗物」「知的俗物」「交際俗物」etc様々挙げた後)

だが、それを軽蔑し拒否しているからといって、私達は安心できないのである。その反対の極には「孤高俗物」という落とし穴が私達を待ち受けている。試写会、結婚式、歓迎会、何々発起人会等々、肩書づきの自分の出席を促す招待状を心地よげに開封する「交際俗物」に…反逆しようとする心理は、今度は逆に招待状らしきものを開封もせずに屑篭に投げ入れる快感を醸造し始める。



あらゆる俗物が存在するが、それら全ての反対概念として、もう一つ別の俗物が存在する。それこそ「反俗的俗物」というやつだ。「反俗的俗物」とは、いうまでもなく、いままで列挙したあらゆる範疇からのがれるべく腐心する俗物、つまり、俗物ノイローゼにかかっている連中のことである。


俗物は俗物を憎む



オモシロすぎて、読んでいてニヤニヤしてしまいますよ(-_ -)
と同時に、何だか恥ずかしさを覚えるのは俺だけじゃないはず。

ある俗物の対極には、表裏一体の、それを憎む反俗的俗物が存在する。

ぷぷ。

どうしたってみんな俗物か反俗的俗物じゃないかw

な~んて、考えてましたw


さぁ、みなさんは、何俗物ですか?


とりあえず、自分は自分、他人は他人、価値観は人それぞれ、決して自分の価値観で人を評価・判断なんてしないで、ゆったりとした心構えで生きていたいなぁと思う最近なのです。

おっと、これもまた、『○○俗物』と類型化されてしまうんでしょうねwww


ではでは。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/24(木) 00:27:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<phisical training | ホーム | haveではなくgiveで測る>>

コメント

こんにちは。

これはなかなか面白そうな本ですね。
私は一般的な感覚(=俗世的感覚)とは敢えて違うことをすることに、
自身のアイデンティティを感じてきましたが、
こんな凡庸なレベルの人は全国にごまんといるんですよね。
それこそ、俗物だと。笑

「俺には人とは違う才能がある」
「俺は凡庸なコイツらとは違う」
「まだ、その才能・違うところがわかっていないだけ」

なんて思っているうちに、もう就職活動の時期ですよ。笑
とりあえず根拠のない自信だけはあるんで、
常にポジティブシンキングで乗り切ろうと思います。
  1. 2008/07/27(日) 06:47:16 |
  2. URL |
  3. Metalaholic #vdXS97RM
  4. [ 編集]

Metalaholicさんの言っている事、よくわかりますよ、自分もその気がありました(あります)からw
けど、歳を重ねれば重ねる程、「そうではなく、自分もone of themの一人に過ぎないのではないか」と実感している、そんな感じですw
悲しいですが...

けど、ポジティブシンキングはmustですね!
俺も、自分固有の俗さを認識しつつ、それでも微かな希望を(勘違いをw)胸に、ポジティブに人生ジタバタしてやろうと思ってます!!w

Metalaholicさんも就活なんですね!
お互い頑張りましょう!
  1. 2008/07/28(月) 23:03:54 |
  2. URL |
  3. ながたか #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/228-162fb490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。