Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

iPhoneとか最近話題の小型PCとか

ちょくちょくサボりながら続けている梅田さんのブックマークからの英語記事あさりw

今日は、New Personal Computerという記事を読んだ↓
http://www.readwriteweb.com/archives/iphone_personal_computer.php

この記事中こんな事が書かれていた

Arguably, this iPhone is the first really personal computer. True, the PC was called that first, but from today's view PC is for heavy tasks while iPhone is small, smart and portable.



Programmers will not be using an iPhone to write Java code. Designers will not be using it for graphics, and engineers will never run CAD on iPhone. These aren't personal computing things, but business. iPhone will become our new personal computer.



成る程。

この記事を読んでいて、「住み分け」という言葉が頭に浮かんだ。

iPhoneに限らずだけど、最近のミニノートの活況ぶりを見ていても思うんだけど、一般ユーザにとってはPCは今や重過ぎるのかもしれない。

「パーソナル」の意味が変化してきているんですね。

何でもできる便利箱でいるのはこれからはあまり意味がないのかもしれない。

いや、もちろん、例えばミニノートっていうのはあくまでも持ち運び用として購入している、いわばサブ機で、家では普通のデスクトップPCを使っている人が大半だというのもわかっているのだけど、これからは従来のPCは、よりプロフェッショナル用、もしくは一般家庭では、モバイルデバイス達のベースステーション的道具として存在していくのかもしれないと感じた。

そして、従来のPCが果たしていた役割は、より一般ユーザの用途に特化し、機能を削いだモバイルデバイスとwebが果たして行くのかなと。


パーソナルコンピュータといいつつも、これまでは"一家に"一台という状況も多々あったと思う。

つまり、完全に"パーソナル"ではない状況も多かったと思う。

けど、iPhoneやミニノートの価格帯なら、大分敷居が低く、完全な個人所有のハードルがかなり低い。

家の一家共有PCから自分だけのプライベートな環境を抜き出したものを持ち歩く、そんな気分。


PCはProfessional ComputerPrivate Computerの二種類へと分かれ進化して行くのかもしれないと思った。


う~ん、なんか、この記事を読んだ時は何かもっと頭にハッとした感覚を覚えたんだが...こうやって文章にしてみると、俺、当たり前の事を言っている気がするなぁw

俺の文才が無くて自分の頭に浮かんだ事をしっかり文章にし切れていないのか...orz



そういえば、今朝新聞で読んだんですが、富士通もミニノート市場に参戦するみたいですね。

ミニノート市場、盛り上がっていきそうですね!

で、昨日知ったんですが、ASUSのEeePC、なんと、emobileの二年契約の通信プランを同時申し込みすると本体価格が49800円からたったの100円になるというキャンペンをやっているようですね!!

PCが100円なんて!

凄いインパクトでした!

けど、これってなんかどっかで見た事ある気がしません?

1円携帯みたいですねw

いやはや、PCですらこうなりますか...^^;

しかし!実はカラクリがあるようでw

ココの記事が分かり易いです。


なんだか活況を呈しそうな、ミニノート市場、企業にとってはジレンマがあるそうです。

それは、価格が低い故に、その価格帯が主戦場になってしまうと、利益があげにくくなるんだそうです!

たしかに、本体価格が低いしあんまり儲からなそうな気も...

じゃあ、どうしたらウマくこの市場を利用できるのか?

この価格帯の戦場では黒字が出なくていいから、ここでシェアをとり、先述の、家庭に置くベースステーション的デスクトップPCも自社の物を買ってもらおうということは狙えますね。

ただ、ぶっちゃけ、別にどれもみんな『ウィンドウズが入ってるただの箱』となってしまっては、家では他社のデスクトップを使っているという状況も生みかねないので、なにかしら企業としての強力な付加価値が必要ですねぇ。。

ハイコンセプトという本で紹介されていたソニーの方の言葉を思い出してみると、差別化要因たり得るのはやはりデザインなんでしょうか。

けど、この市場でキモになるのはもう一つの差別化要因である、サービス網ですかね。

これに関しては、AppleのiPodとiTunes, iTune Storeというセットがよく引き合いにだされますね。

ユーザが自社商品を買いたくなるデザイン、付加価値だけでなく、その会社の製品を使い続けたくなる仕組み、サービスがキモですねぇ。

その仕組みにユーザをウマく乗せてサービスを利用してもらえれば、本体価格で利益があまりあがらなくてもそちらで潤えますしね。

けど、言うは易し行うは難しですね、考えても、そんな簡単にサービスや仕組みって浮かぶものじゃないです。

そう考えると、AppleのiTune戦略、凄いなぁ。。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/17(木) 00:21:47|
  2. IT業界話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<haveではなくgiveで測る | ホーム | これはヒドいw>>

コメント

ミニノートはいいよね!容量は5GBくらいしかないらしいけど、音楽とか入れないで、レポートとか、ちょっとしたExcelでの分析くらいだったそれなりに使えそうだよね。あとメールとか・・・。

外出先のネットカフェとかでmixiとかAmazonは、キーロガーとか怖いし、毎回、閲覧履歴とか削除しないと物騒でたまらんからね。かといって、ノートPCでもA4ノートとかもち歩くんじゃカバンがパンパンですわw重いしwだから、ミニノートって、その点は自分のPCだから安心だし、軽いしでいいことばかりだよね。
  1. 2008/07/17(木) 03:23:07 |
  2. URL |
  3. みや #-
  4. [ 編集]

日本でもiphon使えるようになるらしいですね!!
こっちだと新いモデルは$300くらいになるらしいんで、帰る頃にでも買ってきます( ̄ー ̄)b
  1. 2008/07/17(木) 11:19:27 |
  2. URL |
  3. Wataru #-
  4. [ 編集]

>みやさん
下手にノートパソコンを持ち歩くより、必要最低限の機能だけに絞ったミニノートを持ち歩く方がよっぽど楽だしね。
しかもエントリー内で触れた100円キャンペーンみたいなのだと初期投資もかなり少なくて済むから学生にとってもかなり買いやすいね^^b
そういえば、この前行ったセミナーで、湯川さんが使っていたPC、工人舎のミニノートだったよね!

>Wataru
お~元気か~^^
日本では既に11日にiPhone発売になってるよ~
俺も変えようか検討中!まぁいろいろ微妙な点は有るには有るのだが...

そうだ、帰ってくるときにさ(ってまだまだ先だけど)、UCのロゴがはいったマグカップかタンブラーを買ってきてよ、お金払うから。
研究室で使いたい♪(去年自分で買ったSanta Cruzのは段々痛んできてしまったorz)

あ~いいなぁ~カリフォルニア、日本の夏はジメジメしてて不快指数高いよ~orz
カリフォルニアの過ごしやすい気候が恋しい!
俺は来年の夏またどっか行くぞ~!
今バイトをちょっと増やしてコツコツお金貯めてるトコ。。
  1. 2008/07/17(木) 12:48:38 |
  2. URL |
  3. ながたか #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/226-028e0518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。