Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

Linux

自分の研究室ではDebianを、学科の計算機室ではRED HATを使っているんですが、Linuxってディストリビューションの種類が多すぎて、それぞれの特徴とか使い勝手とかがよく分かりません。
どなたか詳しい方に教えてもらいたいです、、
Debianに関しては、apt-getの威力をだんだんわかってきました。
「シリコンバレー精神」に触発され、自宅でもLinuxを使いたくてしょうがなくなり、Macのハードディスクをパーティション分けしてLinuxを入れようかと思い、研究室から、今の環境の避難用に外付けHDを借りてきたんですが、、認識されないんですけどw
何故だ--;
いつかはLinuxのユーザーの集まりとかも見学してみたいなぁ。
「シリコンバレー精神」で、"無料のOS"Linuxが与えた衝撃が書かれていて、「へ~、無料なんだ、何なんだろ、これ?まぁ研究室で使うし使い方覚えるか、、」程度にしか思っていなかった自分を反省、、
リーナスさんのひとがらも紹介されていましたが、とても好感がもて、ますますLinuxを応援(?)したくなりました。
話がそれますが、シリコンバレー精神は、おもしろいだけでなく、読んでいてとても勉強になります。その当時の業界の動きや、登場した新しいモノ・システムについての筆者の考察を読んでいると、「この人みたく、それが起こった(登場した)背景、精神は何なんだろう」と考えられるようになりたいと思いました。
自分なんかは「便利」とか「へ~」とか「すごい!」程度にしか考えないで過ごしてきたので、この著者の梅田さんのように、それが登場した背景や、世界に与える衝撃、影響、後続に関する考察等考えられる頭がとてもうらやましい!
きっと俺の想像もし得ない世界の動きを体感している人なんだろうなと思います。
自分がなんだか世界から取り残されているような感じさえうけてしまう本です。
もっともっと知りたい事ができました。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/17(土) 01:08:32|
  2. IT業界話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<MSG!! | ホーム | 久しぶりに>>

コメント

噂のblogを初めて見ました!

俺も次のTOEIC初めて受けるんだけど、790もとったの?
すげー。
  1. 2007/02/22(木) 02:07:27 |
  2. URL |
  3. shoji #-
  4. [ 編集]

コメントどーもですshojiさん^^
TOEICのスコアを見たときは嬉しくて思わず写メってしまいましたよ(笑)
英語はひたすら時間をかければ伸びるから頑張って(まぁ英語に限らずある程度は何だってそうなんだろうけど、、)!教材を工夫して楽しんで勉強するのもいいよ!

事情により数日間ネットが使えなくなり、これ携帯から書いてます(-.-;)
  1. 2007/02/23(金) 12:26:00 |
  2. URL |
  3. ながたか #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/20-c3adb77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。