Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

駒場東大前へ

昨日のエントリーで書いた通り、今日はインターンに応募させていただいた会社へと面接を受けに行ってきました!

駒場東大前駅!

「う~ん、これが駒場の東大かぁ」

茂木さんの講演を聞いているとよく駒場の話しが出てくるので、ちょっとした憧れのようなものもありましたが(特に科学史科学哲学科というトコロに興味津々)、まぁキャンパス内を散策する時間もないし雨だし、という事ですぐに会社探し開始。

東大のキャンパスを突っ切るのが近道だと書かれていたのでその通り東大を突っ切り、グラウンドの裏へ出ると、すぐに会社の入ったビルを見つけられました^^

で、13:30からだったのを13:00からと勘違いしていて、12:50過ぎに着いてしまいました^^;
受付の方に「13:30からですね?」と言われるまで勘違いしていた...コーヒーと本を持ってきてくださったので、コーヒーを飲みながら本を読む。

かなり緊張していたんですが、この30分のおかげで落ち着けたかもw

ただ、部屋に入るなりホワイトボードが目についたので「あぁ、何か問題を解かされたりコードを書かされたりするのかなぁ」とソワソワはしましたがw


今日は合計4人の社員さんとの面接でした。

インターンに応募をした時に、面接は三時間かかりますとメールで連絡を受けたときは本当にビクビクしてたんですがw社員の方々、皆さんぎこちない喋りのワタシに和やかに接してくださいましたw

現在プロマネなどを主にされている方、営業周りの事をされている方、エンジニアの方、そして日本支社代表の方との面接でした!


いやぁ、皆さん本当に口調から何からこんなにぎこちないワタシに対して寛大でした^^;

こちらの簡単な自己紹介&志望動機+これまでに触れた事のある技術などのバックグラウンドを話し、また、会社の事業の話しを伺ったり。

アルゴリズムの勉強をしていたという話しをしたところ、「スタックなんかを今書いてもらったりってできますか?」と言われホワイトボードにスタックのコードをJavaで書いたりもしました。


エンジニアの方との面接の中で「自分のアピールをしてください」と言われた時が一番言葉に詰まってしまいました。。

自分をアピール...自分をプレゼン...最初全く何を言っていいのかわからなくなってしまいました。。

結局、今まで触った事のある言語や環境を列挙しただけでまた言葉に詰まってしまった...情けないorz
自分をアピールって難しい。。


今日は本当に貴重な1日でした^^

喋りながら、自分の未熟さをひしひしとさらに痛感しました。

採用されるされないにかかわらず、とにかくもっともっと自分は勉強していかなければと強く思いました。(あ、SDKはダウンロードしてみました!これからいじってみます!!)


で、ですね、せっかくなので、その会社のインターンに応募してみようと思ったキッカケの一つでもある本の感想なんかを書いてみようと思います。

一冊目はDaniel H.Pink著の「ハイ コンセプト」という本。

日本語は大前研一さんが訳されています(なんでも著者とは面識があるんだとか)

この本は、けっこう勢い良く一気に読んでしまった本です、かなり引き込まれました。

この本では、
1:(アジア諸国などの)途上国にオフショアされてしまう仕事
2:コンピュータやロボットにできる仕事
3:反復性のある事

このような仕事ではなく、これから先進国ではどこで価値を出して行くようにすれば良いのかといった事に対して「これからはハイ コンセプトの時代だ」といった解答をしています。


まさに、これから必要になるのはコンセプトだという事です。

大前研一さんは前書きの中で「情報化社会」から「コンセプチュアル社会」へという事を書かれています。

コンピュータやロボットにはできない、人間ならではの能力、それはまさにコンセプト、発想する能力だと。

著者のダニエルピンクさんは

「ハイコンセプト」とは、パターンやチャンスを見いだす能力芸術的で感情面に訴える美を生み出す能力人を納得させる話しのできる能力一見ばらばらな概念を組み合わせて何か新しい構想や概念を生み出す能力などである

としています

そういった面においては、左脳的な論理的・手続き的な処理のみではなく、これからは右脳的な感覚的・芸術的能力こそが、これからの時代の鍵であるという事が書いてあるのが本書。

ビジネスマンに立ちはだかる敵は豊かさアジアオートメーション


豊かさという点に関して、モノが溢れている時代に、自分が今持っている商品について「何で俺はこれを買ったんだろう、○○社製のだって性能は変らないのに」と問いかけてみる事はとても重要な事かなと。

自分に関していえばそれは、なぜiPodを使っているのか、なぜ当時大して知りもしなかったくせにMacに乗り換えたのかを思い出してみれば、明快でした。

以前ブログにも書いたんですが、自分は大学の先生が授業中にMacを使っているのを見かけて、Dockのアイコンが大きくなった瞬間に一発で惚れてしまいましたw

そして、ラップトップの背面にちょこんと、しかし異様な存在感を持って存在しているリンゴのマークに惚れ、WindowsからMacに乗り換えていました。

iPodだって、はじめはもっと安い他社のポータブルオーディオを買おうと思っていたのに、あの操作感とデザインにヤラレてしまいましたw

いくらでも代替が効く、モノが溢れ帰っている現在、デザイン・精神・遊び心等、代替の効かない価値は益々大きくなっていくんだろうなと。

スペックは必要条件ではあるけれど、それではいくらでも代替製品があるので客の心をつかむ為には必要十分条件では無いと。


この本の中でも、特にデザインに関して言及されている章は本当に読んでいて楽しかったし、何度も読み返したいと思っている!

そこにあるすべてのものは、デザインされているのだ。活字も、あなたが手にしている本も、あなたが着ている服もそうだ。腰掛けている椅子も、今いる建物も、皆デザインされている。



デザイナーは未来の錬金術士だと思う
リチャード・コシャレック



メーカーは、極東の価格構造や労働賃金には太刀打ち出来ないことを悟り始めている。では、何でもって競争すればよいのか?それは間違いなくデザインだ
ポール トンプソン



ソニーでは、同業他社の製品はすべて基本的に同じ技術を使っていて、価格、性能、そして特徴に差はないと考えている。市場において製品を差別かできるものは、デザインをおいて他に無い
大賀典雄



それがなかったことにすら気づいていなかったものを世界に提供する
パオラ アントネリ





それともう一冊、先日読んだ(サイン会にも行ったw)中島聡さんの「おもてなしの経営学

中島さんが言われている「おもてなし」という言葉は、ハイ コンセプトの中で述べられていた事、正にその事ではないかと読んでいて思った。

ハイコンセプトででてきた"デザイン"という言葉は、単に色であったり形の事を指して"デザイン"という言葉を使っているのではなく、やはり、それを使う人の体験までデザインするという事を言っているのだと思う。

とすれば、これはまさにユーザエクスペリエンスを、どういった事をユーザに体験してもらいたいかであり、それはまさに、その製品によってどのようなおもてなしをユーザに提供できるかであると。

自分の中では、この二人の著者が言わんとしている事は同じではないかと思った。

本の中で、中島さんはiPodのシリアル番号がシールではなく刻印されている事を例に出してユーザの満足度の事を、また、任天堂のwiiを例に「できるだけ多くのユーザにゲームを楽しんでほしい」というユーザ視点でのモノ作り等「おもてなし」の話しをされている。



PCやwebサービス・アプリケーションにおける「おもてなし」、まず思いつくのは、ユーザにとってのプログラムへの玄関であるインタフェースだが、中島さんはブログで「ユーザーインターフェイスは芸術だ」というタグまで用意しているほど、インターフェイスにはこだわっているようだw

また、中島さんが代表をしているUIEvolutionという会社では、様々なデバイス上で動き、かつユーザーエクスペリエンスを損ねない軽快な動作のミドルウェアとしてUIEngineという製品を開発されている。

ここでは、様々なデバイス間の規格の違いに寄ってユーザに面倒を与えない事、そして、動作が軽快であるが故にユーザエクスペリエンスを損ねないという事、これもまさに「おもてなし」の一つであると。


こういった、デザインから始まり、ユーザーエクスペリエンス、全てをひっくるめた「おもてなし」という精神は、まさにハイ コンセプトではないかと思った。

たまたまこの二冊の本を順番に読んで、そんな事を感じた。




ガリガリ殴り書きのように書いてきたら、何が書きたかったのか書いていてよくわからなくなってきたw
ちょっと文がゴチャゴチャ。。

しかもメチャクチャ長くなってしまった...

(アルファブロガーのものでも無い限り)長いブログってきっと最後まで読んでもらえないんだろうなぁ、なんて思いつつ...今日はもう寝ますw

明日はカリフォルニアメンバーで追いコンをしてくれるとの事^^

いやぁ、本当にメンバーに恵まれたなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/25(火) 02:49:50|
  2. 就活etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<追いコン | ホーム | TOEIC>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/188-ca766409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。