Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

今日は

某英語学校の無料カウンセリングとやらを受けに新宿まで行ってきました!

今まで大学の公開講座で英会話をやってたんだけど、先生がこっちの言いたい事を推測してくれてしまうため、ちょっと文法的におかしくても会話が続いてしまい、その点があやふやなままここまできてしまっていた。

将来はシリコンバレーで働きたいなんて思ってたりするからにはもっともっと英語を勉強していきたいから、ここは一つ、学校に通って、「細かいミスでも指摘してくれ」と講師に伝えておいて、一層のブラッシュアップを計ろうと考えての英語学校探しです(大学の講座では個人に対しての細かなケアは中々望めないんで)。

けど、今までずっと基本的に英語は独学でやってきたんで、スクールに対してちょっと懐疑的な自分。

実際今日カウンセラーの方がコースの説明してくれているときも

「あぁ、それだったら自分で教材買ってくればできちゃうな」

「うん、それも自分でできちゃうね」

なんて、無意識に考えてしまってました^^;

「あ、そのクラスの内容は自分でできるんでいいっす」って言っちゃったのもあるし(すみません...)

まぁこれからちょっといろいろ考えてみて、勉強の仕方とかもさらに工夫してみて、それでもやっぱり通いたいと思ったら、独学ではなし得ないメリットを、通う事で達成したい事を自分の中でしっかりと意識した上で申し込もうかなと。

言われるがままカリキュラムを組んで受講して、「スクールに英語力を上げてもらう」んじゃなくて、あくまで自分で自分の弱点なんかを分析した上で、最大の効果を上げられるように「スクールを利用する」方法を考えるってもんだと思ってるんで。

あぁ...しかしメリットがパッと思いつかない...勉強法も教材もググれば沢山情報が見つかるし...畢竟独学に勝るものなしってか?

今月末にTOEICを受けてきます。

去年の今頃に受けたときにスコアが0x316(16進表記w)だったから、今回は0x348くらい取れるといいな!!

そう、英語と言えば、梅田さんがこんな事を書いている

ネットは距離のような物理的制約を軽々と超える自由を私たちに与えてくれると同時に、あるいはそれゆえに、言語の差という難問をこれまで以上に意識させる。


前号の本欄では、「人類の公共財産たる知を広く誰にも利用可能にするのは善」という「パブリックな意識」にドライブされて「学習の高速道路」が英語圏にのみ敷設されようとしている現実を述べ、英語圏に生まれ育つことの優位性が今後増幅されていくことへの危惧を表明した。学ぶことから働くことまで、ネットがさまざまな意味で「人生のインフラ」そのものへと進化する今、「言語の壁」と言語空間特有の文化に封じ込められるゆえの「文化の壁」がそびえたってくるのを、改めて感ずるのである。
(シリコンバレーからの手紙131「日本人の前にそびえたつ「言語の壁」という難問」)



英語圏に生まれる事のアドヴァンテージ...逆に、それ以外の言語圏におけるディスアドヴァンテージ...

それぞれ文化というとても大切なものがあるので優劣をつけられる事ではないけれど、少なくともビジネスの世界に関して言えば英語圏の優位性は絶対か。。

四年になって研究室で英語の教科書やら論文を読んだりしたからあまり抵抗がなくなってきたけれど、やっぱり、例えば調べたい事があってググった検索結果を眺めているときって、無意識にまず言語でスクリーニングして、英語のサイトには近づかない自分がいる。

この意識を変えて、本当に全ての制約を取っ払えた時、自分の前に実はずっと存在していたんだけど足を踏み入れていなかった広大な世界が開けてくるんじゃないかと思う。

ますます英語の勉強のモチベーションupです!!


で、梅田さんなんですが、新しい本が出ましたね!

実は金欠でまだ買えていないんですが、早く買わなきゃ!

んで、さらに、3/15日に八重洲ブックセンターにて講演会をするらしいです!

今日まだ申し込めるか聞いてみたら「立ち見でよろしければ可能です」との事だったので申し込みましたw

興味のある人は電話で聞いてみると、まだ間に合うかも!

そして、さらに、3/11には同じく八重洲ブックセンターにて、中嶋聡さんと海部美知さんのトーク&サイン会があります!

お二方とも3/10日に同時に本を出版されるようです。

こちらの申し込みも既に済ませているワタシw

梅田さん、中島さん、そして海部さんと、日々ブログをチェックさせていただいている方々でございます。

いわば自分にとってメンターのような存在なので、今からとても楽しみです!!

よくわからないけどちょっと気になるっていう人は一度是非ブログをチェックしてみる事を勧めますよ!

梅田さん:My Life Between Silicon Valley and Japan

中島さん:Life is beautiful

海部さん:Tech Mom from Silicon Valley
スポンサーサイト
  1. 2008/03/01(土) 21:57:34|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<サクセスフルエイジング | ホーム | 忘備録>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/176-8e23a73e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。