Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

Crazy Diamond

タイトルを見てすぐにジョジョを思い出したあなたは勝ち組。

いや、そんな話しじゃなくてw

音楽の話しです。


最近は古い音楽が染みる。

音が心地いい。

特に気に入っているのはPink FloydのWish you were here。


エントリーのタイトルのCrazy Diamondはこのアルバムの収録曲。

スタンドではないw

醜いながらもちょっとはギターが弾けるようになってくるギター歴2年くらいの時、俺は凄いギタープレイにばっかり気をとられていて、いろんなアルバムを「速弾きがない」とかいうくだらない理由で一度聴いただけでスルーしてたんだけど、このアルバムもやっぱりギター歴2年くらいで速弾き命だったために初めて聴いた時にはスルーしてしまったアルバム。

ギター小僧がいかに音楽自体を聴いていないかを痛感する最近。

演奏が難しい=良い音楽ではない。

昔の自分に言ってやりたい。


ロジャーのギターの音はパワフルでデジタルな音ではなくて、人間的な、キュンとするような(w)音をしてる。

肉声で語りかけるような。


俺は普段は主にメタルを聴いてて、そこでの音は主にパワフルでギューンと伸びて、その気になれば数十秒程伸ばせてしまいそうな音。

もちろん、そのパワフルで力溢れる音、号泣するような音も大好き!

けど、以前クラシックギタリストの村治佳織さんが言っていたことが最近は以前よりわかる気がする

「ギターの魅力は音が消えるところにあり」と。

パワフルな音を使えば、音から音へと流れを途切れさせることなく流れるようにメロディーをつないでいく事ができる。

けど、音が消えるときにつくるあの独特なカンジは生み出せない。

Crazy Diamondでのロジャーの音は、なんだか消えそうになりながらもそこにフワッと留まっていて、聴き手の中で次の音と繋がっていくような美しさがある。

思考の整理学という本に「文章の非連続の連続」という事が書かれていたんだけど、それは音楽でも同じかなぁと思い考えた。


映画は一コマ一コマのフィルムは静止画なのに、それを高速で映写するから人間の目には連続しているように見える。

音楽の場合、例えばギターのメロディーを考えると、まずドとかレとか、個々の音があって、それの集合から成るメロディーができあがている。

個々の音が繋がっていなくても、フレーズになり聴き手は流れを感じるし、それをひとつながりのメロディーとして感じるし、数秒ブレイクがあってもやっぱり次に鳴った音は前の音・フレーズを引き継いでメロディーの一部になる。

スピードを遅くすれば映画の場合はただ静止画が次々と目の前に現れるだけになってしまうけど(まぁそれでも内容は把握できるだろうけど)、音楽は違う。

聴き手の頭の中でくっついて一つの形になる。

「間」すらもメロディーの一部になってしまうところが音楽の特異なところか?

頭の中で無意識に歌ってるから次の音と繋がっていくのか?

ウーン、思いついた事を書いていったらよくわからない文になった^^;

思った事が上手く整理出来ないなぁ。

まぁ、外山さんが言っているようにこれは「寝かせて」おきますか!


そうそう、70'sつながりという事で、先日買ったEaglesのHotel Californiaが素晴らしい!!

これも数年前に父親から聴かされた記憶があるが、例によって「テクニカルじゃない」という理由により聴き込まなかったアルバム。

何やってんだ、俺orz


無性に聴きたくなって先日購入。

あぁ、聴いてると気分が良くなってくる^^

特にタイトルトラックのHotel Californiaなんてもう!!

名曲だね!!

すごいなぁ、Wish You were hereは75年の作品、Hotel Californiaは76年の作品。

まだまだ勉強不足ですわ、精進精進♪
スポンサーサイト
  1. 2008/02/03(日) 01:05:25|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<目標 | ホーム | 「熊本より……」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/160-9e99a712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。