Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

春秋

12/7日の日経新聞のコラム「春秋」が話題になっているという記事を@ITで読んだので、さっそく、幸いまだ捨てられていなかった現物を引っ張りだして読んでみた。以下引用

「薬害エイズで起訴された厚生省のお役人は、医学部卒の生物製剤課長ただ一人。上司である薬務局長や事務次官は全くおとがめなしであった。その理由がふるっている。文系の事務官である彼らには、専門的知識や判断能力が無いから、責任は問えないとーー。
知識も能力もないとされる人々が、局長や次官の地位を上り詰めて行く。一方、で知識を備えた人々は、時に貧乏くじをひかされる。(中略)
欧米の研究職は一般事務に比べて2.13倍の報酬を得ているのに対し、日本の研究職は1.18倍でしかないという報告もある。」
だとさ。

理系ってイロイロ報われないのかねぇ…
「文系の事務官である彼らには、専門的知識や判断能力が無いから、責任は問えない」なんてトコロに関してはオイ!ちょっと待てよ!ってカンジです--;
その技術の事をわかってる人間が管理職になるようなシステムにしてくれよ。。
ってか、わからないんだから責任は問えないでしょって言われましても。。何だソリャorz


さらに理系人の待遇について@ITには、研究職ではなく技術職に関しても、
米国の技術者の平均賃金は一般事務職と比べて約1.65倍。対して、日本では約1.11倍という。研究職ほどではないにしても、正当に評価されているのかというと疑問に思う人は多いだろう。」
と書かれていた。

もちろん、一概にそうとは言えなくて、研究者・技術者に正当なリターンを払っている会社も沢山あるんだろうけど、この調査結果からすると、そういう企業は全体的に見れば少数という事になるのかな。

日本ではこういうお金に関する事を主張するのはあまり良く思われないっていう空気があるし、特に理系の人達は真面目でおとなしい人が多いから(?)案外こういったことを気にせずに流されるままになってしまっているのかもしれないけど、もっと理系人も、したたかに生きていかなきゃイカンのだと思った。

まぁその為にはもちろん、ペイだけを要求するんじゃなくて、日々自分を成長させていなきゃいけないけど。


って、こんな事に時間を使ってないで卒論に時間を注がなきゃぁ俺!
本格的にヤヴァイぞ~
スポンサーサイト
  1. 2007/12/17(月) 14:06:06|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<今月は久々に | ホーム | いろいろ>>

コメント

読んでて思わず頷いてしまった俺ガイル
  1. 2007/12/17(月) 23:54:44 |
  2. URL |
  3. うぃす #sSHoJftA
  4. [ 編集]

そっか、頷いてしまわれましたか。
社会人は辛そうだ。。
  1. 2007/12/18(火) 14:07:54 |
  2. URL |
  3. ながたか #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/143-1637e6bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。