Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

感想文連続エントリーpt2

次に、奥菜恵との結婚でも話題になったアノ方、藤田晋さんの著書
「渋谷で働く社長の告白」


正直、サイバーエージェントに関してはあまり良く知らない。

そんな自分にとっては、昔、ブログをどこのサービスで始めようかと色々探しているときにアメブロを知り、サイバーエージェント=アメブロの会社という程度の認識しかなかった。

インターネット広告の代理店だとは全く知らなかった^^;

で、そのブログサービスを探している時に藤田さんのブログもみて、ちょっとネットで色々と検索して詮索してみて、会社というよりも、社長の名前が一人歩きしているような状況なのかなぁ?なんて思っていました。

たまたまBook offで発見し購入(実は文庫版が出ていて、そっちの方が安かった!w)。

まぁそれはいいとして^^;

藤田さんの学生時代のバイト話から始まって、企業仕立てのころのバタバタした様子、苦悩等を、凄く素直に飾らずに書いているような印象。

藤田さんの言動は、読んでいてたまに「うわぁ、テキトーw」なんて思っちゃうようなものもあります^^;

けど、その辺がとても若者らしくて逆に親近感が持てました。

若くして企業し、事業を成功させているような方でも、やっぱり頭キレキレのパーフェクト人間ではなく、初めはわからない事だらけでスタートし、必死に試行錯誤しもがいた末に成功に辿り着いているんだという事が文から伝わってきます。

また、ネット上での誹謗中傷に関する事からは、自分が想像する以上に世の著名人は苦しんでいるんだなぁという事が伺えます。

俺は常々思うんだけど、どうしてみんな平気で人の誹謗中傷を書くんでしょうか、週刊誌はバッシングを平気で書くんでしょうか。

自分がされたらどう思うんだろう。

実際書いてる人達の中には、実際にもし自分が有名になって誹謗中傷、バッシングの対象となったら、鬱になったり、自殺したりしてしまう人もたくさんいるんじゃないでしょうか。

どうして他人についての悪い事をいちいち書くんだろう。

なんだか悲しいですよね。

決して「IT長者」といった言葉から想像するような華々しい道ばかり歩いてきたわけではなく、辛い日々と、かなり泥臭い地道な積み重ねと努力の結果が今であり、これからの発展の原動力なんだと。

「21世紀を代表する会社をつくる」
という志を曲げる事なく、今後もサイバーエージェントが大きくなっていくといいなぁと、よくわかってないなりになんだか応援するような気持ちに読後はなりました。

また、この本を読んで、「ベンチャーっていう生き方も面白そうだな」と思いました。

さすがに自分で企業とまではいかなくとも、就活の時にはベンチャー企業にも目を向けてみようと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/28(水) 03:41:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<感想文連続エントリーpt3 | ホーム | 感想文連続エントリーpt1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/137-ca8c73d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。