Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

ワーク ライフ バランス

自分にとって就活はまだ1年近く先の話しなんだけど、興味ある企業が沢山あります。

けど、どれもが激務激務と評判。

しかも、かなりの凄腕が集まっている会社だったりするので、自分のような凡人がなんとか運良く採用されたとしても、果たしてどれだけいられるのか…すぐにクビなんて事になりかねない(?)

不健康、家庭崩壊、、いろいろ嫌な言葉は聞きます。

けど、そういった言葉に怖じ気づくと同時に、自分がどれだけやれるか見てみたいという気持ちもやっぱりある。

自分がどれだけ凄くなれるかみたい。

自分がどれだけの価値を生み出せるのか試したい。

「辛そう、、」という理由で初めから逃げてしまうよりは、思い切って飛び込んでみて、なんとかやっていければそのまま頑張ればいいし、もうダメだと本気で思ったらリタイアすればいいんじゃないかとも思う。

「興味をもっちゃったんだからもうしょうがない」くらいの気分でトライしてみてもいいんじゃないでしょうかw

過酷な世界に興味を持ってしまった段階で、もう逃げ道なんてないじゃないw

行けば地獄(?)、退けば人生にモヤモヤ後悔が残る。

だったらやっちまえばいい。

やった事は後悔しない、やらないよりは。

その判断が100点かどうかはわからない。でも、そもそも100%正しい事なんてありえないんです。70点でいいんです。ある程度勝てると思ったら結論を出して一歩踏み出す。もしその通りにいけばそのまま行けばいいし、そうでなければ方向転換すればいい。大事な事は集中力です。瞬時にすばやく動く事方向が間違っていれば、長い時間をかけて修正するのではなく、すぐに修正する。トライ&エラーのサイクルを極めて短くする。

これは就職でも同じだと思います。100点を求めたら前には進めない。70点主義で行く。若いときは、間違ったって払うコストはそんなに大した事はないんです。失うものがないんだから、どんどんやればいい。大事な事は自分がどうしたいか。どんな方向に進みたいかです

これは日本エマソン(株)代表取締役社長の山中氏の言葉です。

凄く好きな言葉です。

肝は問題を避ける事じゃなく(もちろん避けられるなら避けるにこした事は無い)問題が起きたときどうやって反応するか。


ま、社会経験なんてたかだかバイト程度の俺がいくら仕事について言ってもガキの戯れ言としか響かないので、今はひたすら学生らしく目の前の課題(研究、資格etc)に本気で取り組み続ける姿勢をもっていられたらいいと思う。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/08(月) 19:55:08|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<パワポ作成 | ホーム | 最近>>

コメント

過酷な世界?大いに結構じゃない
人間なんて経験しないことには絶対成長しないんだから
とにかくやってみる それが一番大事なこと

マジで最近そう思う
  1. 2007/10/10(水) 01:44:26 |
  2. URL |
  3. うぃす #sSHoJftA
  4. [ 編集]

イエス!

どっちの方が楽そうだとかグダグダ考えずに、いつも自分が成長できる道・自分を鍛えてくれる道を選べるだけの精神的強さが欲しい!
  1. 2007/10/10(水) 03:09:30 |
  2. URL |
  3. ながたか #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/122-c5724da4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。