Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

明日で...

明日でいよいよテストが終わります!長かった、留年ない事を切に願います。。
明日はコンパイラとシステムプログラムという科目のテストなんですね。
両方ともなかなかオモシロい科目でした。コンパイラはウチの研究室のBOSSの専門でもあるんで頑張らなきゃ(だったら日記書いてないで勉強しろよって?)。
なんか、入学してから散々プログラムのコードを書いてきた訳だけど、ナンデ、プログラムを書いて、コンパイルしたら動くの?よく考えたら不思議だよね。
システムプログラムにしたってそう。パソコンのOSなんて今やほとんどの人がお世話になってるんじゃない?けど、なんでこれ動いてんの?
実際、内部では色んなプロセスが協力して動いてるんだね。
確かに、「そんなロジックは知る必要は無い!使えさえすればいい」って人がほとんどなのかもしれない。スイッチを押せば電源は入り、マニュアルに従って命令をすれば自分の欲しい結果が目の前の画面に表示されるもんね。けど、内部で行われてる処理を知る事で、今まで以上にこの目の前の四角い電化製品が凄まじい物に思えてくるよ!こうゆう興味を持てるようになった自分が少し嬉しかったりする最近です。
テストが終わったからって腑抜けるわけにはいかないんだね~(--;)大学はいるまではテスト期間以外で勉強なんて絶対しなかったけどさ、やっぱそろそろ将来を考えるとのんびりしてられないんだよね。前進する自分を嬉しく思うと同時に、忙しすぎて、やりたい事をやり残したまま社会人になって、結局一生できずに老けていくのか?なんて不安も感じます。なんとなくタイトルに惹かれて購入したこの本が妙にオモシロく感じたのはそんな気持ちのせいなのかな?
「ムダに過ごした時の島」シルヴァーナ・ガンドルフィ
ムダに過ごした時の島

イタリアの児童文学だそうな。
内容は、世界中で人々が無駄に過ごした時間から成る島が存在して、迷子になるとそこに行けるって話(超大雑把、、)。その島にはたくさんの人達が住んでて、ゆったりと流れる時間の中で豊かな時を刻んでるんですね。俺も行きたい!児童文学侮るなかれ、けっこう考えさせられるんだよ、この本。時間に関する話って他にはモモが有名だね、これも児童文学。けどこのテーマ子供にわかるのかな?
読みたい本は増える一方だし、他にもやりたい事やらなきゃいけない事は多いし。まあ、大嫌いな「暇」って言葉を使わなくて済むからいっか。
やる事しっかりやって、息抜きが上手な人になりたいね。

さて、またテスト勉強に戻るか、、
スポンサーサイト
  1. 2007/01/28(日) 21:57:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<テストが | ホーム | ホントに久々に>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/12-18fc40d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。