Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

ゲーム業界

ただ今一週間分の新聞を読み直しております。

今週は平日がゼミの発表の準備やらTOEICに向けての勉強とかで忙しく、新聞は見出しをパラパラ眺める程度しかできない日が多かったので。。

で、24日の日経で面白いと思った記事を。

ソフト開発費 回収多様化
という事で、ここではアイテム課金方式なるものが紹介されていました。

俺はもうゲームをやらなくなって長いんでめっきりゲーム事情には疎い(というか全く知らない^^;)んですが、このアイテム課金方式というのには驚きました!

PC向けのオンラインゲームで、ゲームをプレイするのには料金が発生しないけど、ゲーム中アイテムを購入するのにリアルな料金が派生するんだとか!

熱心なファン程アイテムを多く買い、一般的なソフト価格を超える利益をもたらすんだとか。

しかも、2006年には市場規模が四百五十四億円に拡大していて、定額課金方式を逆転して既に主流になっているんですってねぇ、、
全然知りませんでした--;

へぇ。。
凄い時代だw


開発費を回収するために企業は必死なのでしょう。

開発費といえば、CMで見かけるCGを駆使したタイプのゲームのグラフィックって俺が遊んでた頃に比べて(そう昔でもないが、、)どんどん進化してるしなぁ、あれコスト凄いんだろうなぁ。。

記事にPS2とPS3の一般的なゲーム開発コストと採算をとるために必要な販売本数が載っていました

PS3:開発コスト-20億 価格-8000円 販採算がとれる売本数-50万本
PS2: - 1億 -6000円           - 5万本

だってさ。

販売価格は2000円程PS3のソフトの方が高いのに採算をとるためには10倍の本数をさばかなきゃならんのか。。

なので、開発費が安い携帯型ゲーム機に注力する傾向が強いみたい。

という事は、開発費の安い携帯型ゲームの中でもさらに、派手なグラフィックを使っているわけでもない「脳トレ」や「英語漬け」、「家計簿」やら「料理レシピ」みたいなタイプのDSソフトって回収率すごくいい優等生なんだろうなぁ、しかも脳トレって凄いブームになってたし。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/01(月) 01:43:15|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<スモールワールド | ホーム | TOEIC!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/119-a362e1d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。