Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

グーグルがまたデカく…

今日の日経新聞に
「グーグルのネット企業買収 欧米当局、調査へ
という記事がでていた。

気になったんでネットでもちょこっと調べてみた。

なんでも、グーグルはダブルクリックというネット広告大手の企業を31億ドルで買収したんだそうな。

これに関して、マイクロソフトなんかが
ネット広告での独占が進む
として不満をもらしているらしい。

で、それに対してお馴染みGoogleのCEOシュミットさんは講演で
「マイクロソフトに独占に関してとやかく言われたくない」
といったような事を言って笑いをとったとかw

まぁそれで終わればGoogleにとってはよかったろうけど、記事によると米上院やら欧州委員が市場独占に関する調査を近く本格化するつもりなんだとか。

独占か、難しい話だね。

確か梅田望夫さんが何かの著作の中で
独占というのは、ある一つの企業が市場を独占する事によって、(価格等の面で)利用者や消費者が不利益を被るものだけど、ネット企業に関して言えば、独占といってもサービスの利用料はフリーなので特に利用者が不利益を被らない
というような面白い事を書いていたと思うんですが(うろ覚え…全然違ったらゴメンナサイ...)、確かにそうだねぇ。

まぁ市場のシェアをほぼ獲得した後でもしかしたらGoogleが利用者から金を取り出したりなんかしたら別だけどw(といっても、そんな事したらみんな使わなくなって、獲得したシェアは一気になくなるから意味ないね)

とすると、特に利用者からみた独占による不利益がパッと思いつかない面白いケースなのかな、こういった企業ってのは??

まぁ広告の多様性だとか何だとかいう話しは挙げられるのかもしれないけど。

ただ利用者といっても、一般ユーザーではなくて、広告を表示させてもらってる会社側なんかからすると、値上げリスクとかは気になるのかな。

だから独禁法なんて話しが浮上してきてるのかなぁ、なんて素人なりに考えてみたのでした。

新聞をただ読み流すだけじゃなくてそこから自分でイロイロ考えるといいってネットで読んだから実践してみましたw

経済の専門家の人なんかから見たらバカみたいに幼稚な事書いちゃってるかもしれないけどw
スポンサーサイト
  1. 2007/09/25(火) 00:04:37|
  2. IT業界話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<やれやれ... | ホーム | またまた>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/113-8d8565b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。