Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

時間が無い、、

ここ数日完全に心の余裕を失っていました。時間がない事への苛立ち、理想と現実のギャップ、将来への不安、その他多くの小さな悩み事。
いつでもこれらの悩みは抱えているわけですが、なんとかバランスを保って頑張っているんですね、けど、たまにはどうしようもない気分になり、折れそうになってしまう事もあります。
俺はいつからこんなふうに時間を損得勘定するようになったんだろう?
いつからこんなケチ臭い精神を身につけたんだろう?
今ダラダラ過ごしてしまったこの時間をああすれば良かった、こうすれば良かった。それが無いのも困ったもんですが、俺の場合、そもそもそんな完璧に生きれるわけはないのに、毎日が自己嫌悪との戦いです。もしかしたら、この日記を書いてる時間も、いつか後悔する事になるのかもしれない。。
そんな時に読み返してみるとすこしホッとするのがこの
「幸福論」 アラン
幸福論

幸福論なんて、俺が絶対手にしなそうなタイトルなんだけど、ハウツー本ではないし、書いてあることもなかなか面白そうだったからなんとなく買ってみました。岩波だしね。
本屋で大量に様々な種類が売られている「これで幸せになれる!」とうたった、誰が書いたかしらないけどくだらなそうな本は絶対買わないけどね、、
この本は、様々な事柄についての93篇のプロポ(哲学断章)からなっています。そのテーマは様々だけど、首尾一貫しているのは、著者の楽観主義の姿勢です。
楽観主義って、なんかテキトーそうなイメージ(失礼!)でした、、たぶん、自分が悲観主義なんで、楽観主義を羨ましくも思ってたけどね。
けどね、なんつーかな、うん、この本良かったよ(笑)
けど、どうも納得できない事もあった。それはやっぱり俺が悲観的だからだろうけど、なんだか、精神に麻酔をかけて幸せになろうとしているような印象ね、中島義道さんは、「幸せとは自己欺瞞にすぎない」って著書の「不幸論」のなかで言ってたんだけど、俺はこの本を読んで、少しこの欺瞞の匂いを感じてしまいました。やっぱり、幸せ=自己欺瞞なんじゃないかと、、
けど、「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである(no.93)」か、、自分の考え方を改めて考えてみたくなったね、こんな事言われちゃ。
そう考えてみると、幸せは誰しも選びとれるんだよね、自己欺瞞を受けいれるかどうかの選択次第。そこで、その欺瞞と徹底的に戦う決意をした哲学病さんは一生所謂「幸せ」とは縁がなくなるわけだけど、その格闘そのものがその人固有の「豊かさ」になるんだろうね。
なんだか生きづらそうな考え方の人をみて、「かわいそうな人」とか、「こう考えれば楽になるよ」とか言う社会的マジョリティ達にはわからなくても、その苦しみ自体が一つの豊かさの形になりうるよね。
本の話に戻って、この人の考えで読んでみてすごいなって思ったのは、基本に、「人間はほうっておけば勝手に不機嫌になる、勝手に不幸を作り出す」という考えがあること。その事を納得した上にたったこの著者の思想、うーん、、
たしかにそうかもしれない、そうすると、やっぱりそこに意志があるのは楽観主義なのかも、、俺は気分にまかせて自分の気持ちを自分でもてあそんで勝手に辛くなってるだけなのか?けど、そこに必ずしも正解はないね、自分固有の「豊かさ」をみつけて、それを磨き上げていかないとね。それが所謂社会一般のいう「幸せ」とはちがっても、生きづらい原因であったとしても。生きる意味は、生きる意味を探す事だ、なんていうけど、その意味じゃ、オブラートに包まず、本気で様々な事を悩み抜く人生のほうが「豊」だね。

クラプトンが11月下旬に来るみたいですね、死ぬまでに(クラプトンが 笑)一度は観ておきたい!けど、金欠により今回はあきらめます、、
ボサノヴァが好きな自分に気づいた今日この頃。色っぽい音がだしたい。。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/14(木) 02:43:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<ホントに久々に | ホーム | 勉強って、、>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagataka.blog50.fc2.com/tb.php/10-19b2e072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。