Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

運送2.0?

どうも、審査用の修論を提出してからどうもフ抜けているながたかです。

発表用のパワポもザクッと形は出来ているのだけれど、何を喋るのかについて詰められていないし、質疑応答用に想定質問に対する回答スライド作った方がいいのかなぁと思いつつも手が動きません。

まぁ、明日明後日で詰めます!!


今日の日経企業面で面白い記事がありました。

丸紅、海運に参入
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100214ATDD0806I13022010.html

コレ、とても面白いと思いました。

who(誰が) : 丸紅
whom(誰に) : 荷主
what(何を) : 海運サービス
How much(いくらで) : ?

値段が問題ですね。
ただ、丸紅としては、現状、自社の荷物の量によっては遊ばせてしまうスペースが船上に発生してしまうという状況なのだから、いくらでもお金を払ってもらえるならメリットはあると考えられますよね?どのみち自社の穀物を輸送するために船は出すのだからね。
細かく言うと、積み荷が増加した分だけ燃料消費も大きくなるだろうから、その分の燃料代と、あとは積み/降ろし時の人件費やら、保険やらで費用はかかるのでしょうけど、それは一先ず置いておいて。
一般の海運業者よりも安い価格で運送を引き受ける事だって可能でしょう。

そうすると、丸紅にとっては、遊ばせてる船上スペースがお金に変ってラッキー、荷主にとっては、他の海運業者に頼むよりも安く済んでラッキー、ってなWin-Winな状況が成り立つんじゃないかなぁと。

ただ、あくまで丸紅が利用している船の、余っているスペースを利用という事だから、大口の荷主には対応出来ないだろうけどね。
ただ、小口さんに対して、先述のような価格面とかでメリットを出していけるんじゃないかなぁと思いました。

こういう取り組みって面白いですね。


少し話しが変わりますが、効率的な輸送という点で思い出した事があります。

トラックでの運輸の際、トラックが積み荷を取りに行く時や、荷物を配達し終えて集荷場へ帰る時などに、ルート上に目的地がある他のお客さんがいれば、その品物を届ける事でリソースを有効利用する、といったようなサービスを以前どこかで見かけて面白いなと思った記憶があったのですが、そういう発想、これから益々大事なんでしょうね。
積み荷を積んでいない空のトラックだって、走れば燃料代かかるわけですから。
それに、環境にも優しいですしね。
それを複数の会社で相互に車を乗り入れてやったら効率的だろうなと思い、ちょっと検索してみたら色々と出てきました。

融通配車、積合輸送というのだそうな。

さらに、それらをマッチングするようなシステムがあったら面白いなぁと思ったりしました。

積荷に余裕があり、まだ少し荷物を詰める業者がどこかにいる一方、キャパを超えてしまい、もう一台車を出さなければならない業者もどこかにいるかもしれない。

そうした場合、積合を行う事で、価格設定を工夫すればwin-winの状況が作れるだろうなぁと。

検索してみたら、それっぽいのがありました。
参考文献へのリンク

思いついた時は「面白いアイデアだ!」とかちょっと思ってしまったのだけど、俺が考えつくような事なんて既に世の中にありますよね、ハイ、わかります(笑)

最近ではタクシーの乗り合いのマチングサイトもありますよね
みんなでタクシー

これも楽しいアイデアだなって思いました。
タクシーって、容積的には四人乗れるのに、一人で乗る事も多いでしょうから。


うん、こういう輸送/物流関係のサービスって面白いなと思ったのでした。

最近では情報額研究所の佐藤一郎先生が、コンパイラの最適化の手法を物流に当てはめるなんていう面白い事をされていました
ITproの記事
先生のブログ(1/25日の日記参照)


IT屋として「効率」という観点から既存の物事の改良を発想できたら楽しいだろうなぁと思ったのでした。

電気業界ではスマートグリッドだなんだ言われて久しいですし、こういう業界も、IT/webの力でいかに効率的な運送を実現するかってな流れになってるんですね~



さて、そういえば話しは全く変りますが、起業を増やさナイトというイベントに申し込んだのですが、興味がある人がいたら是非行きましょう!連絡ください!


それでは、また一週間頑張ってこー!
スポンサーサイト
  1. 2010/02/14(日) 20:50:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

このブログの意義...

どうも, 審査用の修論を提出してホッとしているながたかです.

提出したけれど, まだ発表が控えているのでパワポのスライドを作ったりしなきゃいけないんですね。

発表が終わったら平日はバイトで埋めてあるし, 実は今さら普通自動車免許の教習に通っていたのですが, その卒業検定も受けなければいけないので, 二月はノンストップです.


さて, なんだか最近twitterでばかり発言していてブログが疎かになっていました.

twitterはカジュアルでとても使い心地が良いし, 反応がすぐに返ってきたり, 意外な所からリアクションが返ってきて嬉しかったりと, なかなかハマっています.

そこでフォローさせていただいている方で, マーケティング/ブランドについてつぶやいている方がいるんです.

その方はブログに関してもtwitterでのつぶやきに関しても, 明確なテーマを持って発言されています.

その方に限らず, やはり読んでいて楽しい/勉強になる/過去のエントリーも遡って読んでしまう/次を期待してしまうブログって, 何らかの明確なテーマを一つないし数個に絞り運営されているような.

以前から自分のブログに対して「意味無いブログだなぁ...」と感じるようになっていた自分にとってその方のスタンスは非常に考えさせられるものでした.

これまでは, 思考を明確にするためのツールとしてブログを据えていました.

なので, 考えた事や思った事, 些細な事を何でも書いていました.

けれど, 芸能人でも無い, それどころか取り立てて面白い点があるわけでもない平々凡々とした自分が日常生活の事を書いたってしょうがない, そんなものはmixiの閉鎖的なコミュニティ上で楽しめばいい.
素人の戯れ言的な自己満たっぷりの独白をしたって気色悪い...
こんなゴミを大量にネット上に量産してもしょうがないのではないかと考えたり...誰が自分なんかのメモ書きをから有益な情報を得られるだろうか, と...

やはり自分の中で明確にテーマを持ってブログを運営したい.
そして誰かの役に立つ情報を発信したいなぁ.
そんな気持ちが強くなってきています.

何かのトピックに関して調べ物をしていた人が, 検索に引っかかったこのブログを見て知りたかった情報を得る, そんな事が果たして現在のこのブログで起きるか...まぁ起きないだろうな(笑)


自分の興味/好きな物事って何なのか...IT, 音楽, プログラミング, 株, ランニング, シリコンバレー, 英語...

パッと出てくるのはこの辺か.

しかし...ハァ, テーマを絞るしても一体, 自分が人様の役に立つ様な有益な情報を発信できる領域って何かあるのだろうか...

結局自分が興味/関心毎に対してどれも中途半端だからこうなんじゃないかと思ってしまうorz

とりあえずブログの有り様に関して少しずつ試行錯誤をしつつカタチを考えていこうと思ったのでした.


あ, またこのエントリーが意味無いエントリーになってるぢゃないか(笑)
なんか結局このまま変らない気がしてきた...

(関係無いけど, これはヒドい→http://anond.hatelabo.jp/20090216010715 ヒエェ)
  1. 2010/02/07(日) 12:46:17|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。