Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

グレーの濃さ

どうも、最近はマンキューの入門経済学を読んでいますながたかです。


これまでに読んだ事のある経済の本と言えば細野シリーズくらいだったのですが、もっと日々のニュースを深い視点で読めるようになりたいと常々思っていて、経済学を勉強したらそうなれるのかなぁと漠然と興味を持っていました。

そんな中、いつもチェックしている池田信夫先生のブログで頻繁に登場する「マンキューくらい読め」というフレーズで気になっていたこの本に手を出して勉強を始めたのでした。

修論に向けて研究を詰めていかなきゃいけないのに何やってんだと突っ込まれそうですが(笑)電車の中とかで時間を見つけてちょっとずつ読んでます。


さてさて、ちょっと前から、「最低賃金を引き上げるんだ!」「そんな事したら逆に失業が増えるぞ」論争をよくテレビで見かけます。

まさにコレについて、この本に載っていたので、とても興味深く読みました。

まぁ、直感的に、最低賃金を高くしたら雇う側は負担が大きくなるから、あまり人を雇いたがらないよな、というのはわかるのですが。

結局、需要と供給に対する規制の話しなんですね。
雇用者(需要)と被雇用者(供給)の曲線に対して、均衡価格を超えた上限を政策で設けた場合にどうなるかという話し。

賃金が高いので、需要(雇用)供給(被雇用)は共に線上を移動するわけですが、下限があるためにギャップが生じてしまうんですね。

なんか、直感的になんとなく理解していた事を、図でしっかりと理解できてストンと腑に落ちた感じ。

さらに、本によると、「最低賃金が10%上昇すると、10代の雇用は1 - 3 %減少する」という研究結果もあるのだそうな。

じゃあ、政策を作ってる人達はこんな事も知らないで議論してるのか?となってしまうけど、これまたこの本によると
「最低賃金に賛成する多くの人々は、最低賃金には失業を含むいくつかの悪い副作用が存在する事を認めている。しかし彼らは、こうした影響は小さく、すべての事柄を考慮しても、最低賃金を引き上げる事で貧しい人達の暮らしぶりが改善すると信じている」
のだそうな。

一長一短である事を分かった上でどちらかのスタンスをとらなければならないこの難しさ。

自分だったらどちらかというのは、考えてみても結構悩ましい。

意思決定において明快な白黒がつくことはまれであり、たいては灰色の濃さが問題となる
とあるけれど、至極名言!

経済学って、スタンスとしては科学なんだけど、最終的に問題が白黒ではなく、どんなグレーがいいのか、という所に帰着する内容も多い辺りちょっと他の科学とは違ったりするのかな。


意思決定において明快な白黒がつくことはまれであり、たいては灰色の濃さが問題となる、か。。
どんな明度の灰色が好きかはみんなバラバラ...それこそ個々人の哲学による所かもしれない。

難しいね~、けど、こういう事をちゃんと頭に入れてニュースを見れれば、自分もちゃんと色々な視点から問題を多角的に見れるようになるかな?
精進精進。




さて、土曜日は友人の結婚式に行って参ります。
友人の結婚式って初めてなので、なんだか歳を感じるわ...
二次会からの参加だし、白いシャツじゃなくて、クレリックシャツとかで少しカジュアルにしてみようかな~♪
スポンサーサイト
  1. 2009/11/27(金) 02:35:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

新しい広告のカタチ

どうも、久々にCDを買いましたながたかです。

バンド練の後に某同期を誘って久々にユニオンに行ってきました!

最後にCDを買ったのはいつだったか...なんかCDにお金を使う余裕がこの数ヶ月無かったような...たまには、という事で買いに行きました。

収穫は、エアロにボンジョビにKing'sX。普通のロックばっかり。
そういやメタルコーナーの滞在時間短かったな、ワシも変りましたわw

いや~しかし、初期のエアロ、昔は好きじゃなかったんですけど、今聴くと凄くいいですね~、ジョーのギターがカッコいいです^^



さて、前置きはこれくらいにして、BCGの御立さんの著書「経営思考の補助線」に書いてあった内容で、オモシロいなと思った事があったのをフと思い出したのでそれを書く。

それは、「それでもCMを見ますか?テレビビジネスの将来を読み解く」と題された項。

最近は全ての地上波の番組を自動で一定期間分録画してHDに保存しておけるレコーダーが普及してきていますよね。

さらに、これらにはCMをスキップする機能を備えたものもあるとの事。
(自分は普段あまりテレビを見ないし、自宅のテレビは今だにアナログってな具合にこの分野の最新事情に疎いのですが、CMスキップ機能なんてもの聞いたときにはメチャクチャ便利じゃんと関心してしまいましたw)

そうなると、視聴者はCMなんてみんなスキップしてしまうのではないか?という疑問が湧きますよね。

ここで挙げられている、これらに伴って起こるであろう変化が三つあります。

それは
1, コンテンツとしてパワーを持つ広告の価値が相対的に高まる
2, プレースメント型広告が増える
3, コンテンツビジネスとしての戦略の巧拙が、テレビビジネスの成功・失敗をはっきり分ける
という三点。

この中で、特にオモシロいなと思ったのは2のプレースメント型広告の話。

プレースメント型広告とは、コンテンツの中に自社の商品や広告を登場させるという手法。

例えば、映画トランスフォーマーを観た人で、GMCやシボレーのエンブレムやロゴがでかでかとスクリーンに映っていたのを覚えている方もいるのでは?まさにあれですね。(アレを観てちょっとカマロが欲しくなったじゃないか!)

自動車メーカーが自社の車を提供したり、また、飲料メーカーが自社の製品を提供し、主人公がそれを飲むシーンを組み込んだり。

これはコンテンツに組み込まれているのでスキップが不可能となります。

これって、「流され易い」とよく言われる日本人向けのマーケティングとしてはかなり効果を発揮する可能性があるように思えますよね。(日本人が本当に流され易いのかどうかは知りませんが...まぁそんな気はしますがね。。)

人気俳優扮する月九の主人公に、スポンサー企業の製品を着用・使用・飲食させる。

辟易するくらい、某ドラマでキムタクが着ていたのとそっくりなダウンジャケットを着た兄ちゃん達が街に溢れていた時期があったのを思い出しますねぇ。。

ここでさらにだめ押しで、テレビからネットの利用が可能な事を使い、番組に対応したオンラインスポンサーショップへリモコン操作一つでアクセス可能にしてみたりするのも効果がありそうですね。

例えば、「あ、あのヒロインが着ている服かわい~」と思ったら、リモコンでポチッとボタンを押すだけで、スポンサー企業提供のその番組内で使用されているアイテムを集めた情報サイトへアクセス可能、そしてそのまま即オンラインショッピングが可能、ってな具合に広げたら良さそうですね。

ドラマ内でのその商品が登場したシーンのスクリーンショットの横に「○○があのシーンで着用していたのはコチラ (\××円)」みたいなね。

ドラマの進行に伴って、リアルタイムに商品ラインナップが更新されていったりというのも楽しいかも。

う~ん、こういうのってどうなんだろう、実際既にもうやられているのだろうか?
前述のように、自分は全然テレビに興味が無い人なので事情に疎い上、今このエントリーを書くにあたって特に調べたわけではないのでわかりません。

もし既にそういうのは当たり前に行われているなら教えてください。


さてさて、なんだか夜更かしをしてしまってますね、学祭やら研究室お泊まりやらでちょっと乱れ気味です。
もう四ヶ月で社会人だし、朝方矯正しますよ!

それではおやすみなさいzzz


  1. 2009/11/24(火) 03:43:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

Kindle for PC

久々に更新します。

最近はAndroidが気になっているながたかです!

自宅のMacBookにSDKをダウンロード、インストールをし、サンプルアプリをエミュレータ上で動かす、というトコロまではやったのですが、研究の進みが芳しく無い事もありあまり時間がとれないので、気長にちょっとずつ実験してみようかなと思います。

気に入ったらそのうち携帯をAndroid端末にしようかなと思います。


さてさて、何やらAmazonでKindlr for PCというものがダウンロード出来るようになっていますね!

全然知らなかったんですが、昨日たまたまリンクに気づいて知りました。

http://www.amazon.com/gp/feature.html/?ie=UTF8&docId=1000426311

サイトには
Read Kindle Books on Your Computer

* Get the best reading experience available on your PC. No Kindle required
* Access your Kindle books even if you don't have your Kindle with you
* Automatically synchronizes your last page read and annotations between devices with Whispersync
* Create bookmarks and view the annotations you created on your Kindle

とありますね。

先日日本でもKindleが発売され話題になったのは記憶に新しいですが(Kindleが気になる旨のエントリーも書きましたっけ)、今度はforPCときましたか(ちなみに、現状対応はWindows Vista & 7のようですが、Mac version coming soonと小さく書いてあります^^)

これって、まんまAppleがiPodとiTunes, Itunes Storeで作り上げたシステムの書籍版が出来てしまいますね。

iPod = Kindle
iTunes = Kindle for PC
iTunes Store = Amazonのウェブサイト(Kindle store)

Appleとの決定的な違いは、Amazonは実物のモノも扱っているという点でしょうか。

リアルの書籍で既にAmazonはかなり流通市場におけるシェアを持っているだろうから、Kindleによって電子書籍を押さえ、さらにKindle + Amazon(webサイト) + Kindle for PCで人々の「読む」という行為を支える流通インフラとしての地位を固められたら、もうそのフィールドではAmazonに敵う者はいなくなってしまうのでは?

いよいよKindleの購入を検討してみようかなぁ。。

本だけじゃなくて論文とか新聞とかKidnel一つで済んだら楽だろうなぁ。
唯一気がかりなのは読み易さか。実際に手に取って試してみたい。。


あ、今ちょっと思ったのだけど、iTunesでPodcastを配信していますが、あれのテキストとかをPDFで配布してもらって、iPodで音声を、Kindleでテキストをってな感じに利用してみたりするのもいいなぁ。


そういえば、以前、音声教材はiTunes Storeで別売りという英語の書籍を買った事があるのだけど、もしこういった書籍が電子版も出たら、テキストも音声教材も両方ダウンロードでっていう形になるのか。

そのうちAmazonとAppleがタッグを組んで、最強の総合デジタルコンテンツマーケットを作ったりして。

これからの市場が楽しみですね^^
便利になるのは大歓迎です♪



さて、明日はバイトだぁ、前回振られた仕事は処理が理解出来ず全然手が進まなくて情けないやら悔しいやらだったので、今度こそ実装出来るといいな。。頑張るぞ!
  1. 2009/11/18(水) 02:22:26|
  2. IT業界話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

時給が

どうも、やりたい事が多過ぎて消化不良気味のながたかです!

時間のやり繰りが大変ですが、なんとか納得のいく毎日を過ごせたらいいなと思うのですが、手の広げ過ぎで、一つ一つの密度が薄くなってしまう事が心配な最近です。。

やれりゃいいというわけではなくて、やっぱり自分が納得いくレベルでやってこそだと思うので、多少優先順位をつけて選択と集中が必要だなと痛感しております。

けど、そんな中でも「忙しい忙しい」を連発する人にはなりたくないですね。
それじゃせっかく入ってくるチャンスも目の前で逃げてってしまいます。

はぁ、「『忙しい』って言わない」とココロの中で決めたのはいつの事だったか、ワタシの周囲のみなさん、もしワタシが「忙しい」って言ってたら注意してくださいw



さてさて、今日バイトの時給が上がりました!
雀の涙程ね(笑)

けど、額はいいんです、どうでも。

「年収は給料 - 授業料だと思え」という土井英司さんの言葉が自分の中の仕事観としてあるから。

あまりプログラミングに対して熱心でなかった自分が大学時代を通して出来ていなかった沢山の経験をさせてもらっている上、給料をもらっているのだから、時給が上がったという事実だけでもうお腹いっぱいです。(ま、もちろん、もしUP額が多かったらそれはそれだけ嬉しかっただろうけどねw)

今の自分が出来ている貢献なんて、現在もらえている時給分だってないかもしれない。。

謙遜でもなんでもなく、まだまだ自分は大した価値を生み出せてはいないので、あとこのバイト先で働けるのも四ヶ月ほどしかないけれど、もっともっと精進しようと思った。

学べる事は学び尽くして来春四月から新たなステージへ!
  1. 2009/11/06(金) 00:42:18|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。