Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

Kindle、そしてインテリアとしての本について考えた

Kindleが話題になっていますね。

自分自身、二年くらい前に初期のKindleを知った時は「電子画面で本が読めるのかなぁ...」なんて思っていたのですが、けっこう最近の端末は可読性は高くて使い易いみたいですね。

本の値段も、電子書籍版は安かったりするらしいので使ってみたいなと気になっているところです。

電子書籍のメリットって、前述の価格を抑えられる以外にも、本を大量に購入する人に関して言えば、「スペース」というコストを抑えられる事ですよね。

本ってやっぱり結構かさばるので、電子書籍ならばKindleの端末以上のスペースは必要ないわけですから。

ただ、自分的にイチバンのメリットはやっぱり「検索」でしょうか。

よく、「あ、以前あの本にこんな事が書いてあったなぁ」とふと思い出して本棚から本を取り出してパラパラとページをめくったりする事があります。

本を読む時に重要だと思った所はページの角を折るようにしているので多少は時間短縮できるものの、やっぱり中々該当箇所が見つからない事ってあります。

そんな時検索が使えるとかなり便利ですね。

ネットサーフィンしてるときも、プログラミングしてる時も、事ある毎に ctrl + f なワタシなので、検索が出来ないアナログ媒体はもう苛々してしょうがないのです(笑)

そういう点で電子書籍にはかなり将来的にお世話になりたいなと期待しています♪


ところで、電子書籍を購入するとなると、当然の事としてモノとしての書籍は手に入らないわけで、ここで一つ自分的にはジレンマが生じるんですよ。

それは「芸術作品としてのパッケージ, 表紙、そしてインテリアとしてのその"モノ自体"」という事なんです。

これはそのまま音楽のダウンロード購入に関しても当てはまる事だと思います。

CDのジャケットってある種芸術的なモノが多々ありますよね(いや、そのアーティストがドデカく写ってるだけのモノはどうかと思いますがw)

例えば、ヒプノシス系のジャケットのCDなんて、ジャケ無しでいいか?と言われたら、「とんでもない!」って感じです。

PinkFloyd_狂気  PinkFloyd_Animals  LedZeppelin


ジャケットも含めて作品です。

ジャケットが見たいならiTunesでもカバーフローがあるからいいじないかと言われる人もいるかもしれませんが、お気に入りのジャケットはインテリアとして飾っておきたいと考える人だって多いハズ。(ジャケットを見えるように収納できるCDラックだってあるんだしね。余談だけど、アレ欲しいんだよなぁ...)

これと同じ事が、案外本にも当てはまるなぁと思ったのです。

自分の趣向のせいかもしれないですが、やっぱり一冊一冊の本には思い入れがあって(当然良い物も悪い物も有りますw)、背表紙がずらっと本棚に並んでいる様を見るのは中々気持ちのよいものです^^

老後は、生涯を通して買い溜めたCDと本に囲まれた部屋で暮らしたいなんて事を妄想している自分としては、やっぱりモノがそこにあって欲しいとも思うんですね。

そうなると、データだけの電子書籍って、少し寂しい感じがするんですよねぇ、みなさんどう思われますでしょうか?


う~ん、けどやっぱりデジタルのメリットは(特に検索)良いなぁ。。

という事で、「紙かデータか」ではなく「どっちも」な購入方法も用意してもらえたらなぁなんて思う次第です(笑)

これは決して両方買うという事では無いですよ!

そうではなくて、基本的には書籍を買う事になります。

ただ、そこで電子書籍版も欲しい人は「データコード」のようなものを発行してもらえるようにしたら良いと思うのです。

例えば、書籍版が2000円、電子版が1500円程度だとしたら、書籍+コード版は2500円くらいで。

で、購入者はKindleにこのコードを入力したら該当書籍のデータをダウンロード出来る、と。

で、ここで通常の電子版を購入した人との差別化のために、コードを入力してダウンロードする版にいくつか制限をかければいいと思うんですね。

例えば,ダウンロードした端末以外への移動が不可とか。

こうすればモノとしての本も手に入るし、デジタルの便利さも享受できるわけです。

一般的な新書とかでわざわざこういう買い方をするかどうかはハテナですが、厚めのハードカバーの専門書籍なんかを読む際には紙とデジタル併用というのはけっこう便利な気がするんですが、どうでしょうか?



そうそう、「インテリアとしてのCDや本」という事を考えた際に、ダニエル ピンクの「ハイ コンセプト」という本のある一節を思い出したので紹介します。

「デザイン」が不可欠であるという事に関してのトースターの例なんですが、これが秀逸!以下引用

最近の店に並んでいるのは、スタイリッシュ、ファンキー、スマートなどという、台所用品にはふさわしくない形容詞がつきそうな製品ばかりなのだ。
専門家の中には、このような状況を「ずる賢いマーケティング担当者たちによる大衆操作だ」とか、「裕福な西欧人達が、物の実態を度外視し、スタイルに目がくらんでいる証拠だ」と言う人もいるかもしれない。だが、それは経済の現状と人間の願望を読み誤っている。
「地味なトースター」について、じっくりと考えて頂きたい。
普通の人が、1日にトースターを使う時間はせいぜい15分である。残りの1425分間、トースターは飾られているだけなのだ。言い換えれば、トースターにとって1日の1%が「実用性」を発揮する時間で、99%は「有意性」を示すための時間である。それなら見た目が美しいほうが良いのではないだろうか。

成る程!と唸ってしまう一節でしょ?

読み終わった後、あまり聞かなくなった際にも「インテリア」として通用するような書籍、CDの方が良いですよね♪






さてさて、久々に長いエントリーを書いてみました。
こうやってたまには頭の中の事をガーっとタイプしてみるのも気持ちいいですねw
スポンサーサイト
  1. 2009/08/28(金) 22:00:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

twitter

ずっと放置しつつ誰もフォローせず、たまに思い出しては無駄に書いていたtwitter

ちょっとちゃんと使ってみようかなと思い、ぼちぼち色んな人をフォローしてみようかなと思う今日この頃。

ブログ同様nagatakaという名前で書いていますので、気が向いたらフォローしてくださいませ、こちらからもフォローさせてもらいます♪
  1. 2009/08/27(木) 00:45:58|
  2. IT業界話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

100回からのあと2回

マクドナルドCEOの原田泳幸さんが
「(例えばトレーニングなどで)100回がギリギリだとしたら、そこからの2回がイチバン成長するんですよ。その2回のために100回やってきてるんですよ
と言っていた。

改めてハッと考えさせられてしまった!

自分の限界(100回)を再現したとしても、それをただひたすらに繰り返しても成長はあまり見込めない。
自分の限界をまた再現することには、「自分が衰えていない」という事以上の意味は無いのかもしれない。


そこからの、イチバン成長出来る2回のための前100回、か。

改めて、自分にちょっとずつでも無理をかけていかないとなと再認識しました。
  1. 2009/08/25(火) 23:15:10|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

ヨロシク オネガイ シマブクロ~(笑)

今日は恵比寿ガーデンプレイス内にあるガーデンホールへと、ジェイク シマブクロさんのライブを見に行ってきました!

先日も書きましたが、スペシャルゲストとして押尾コータローさんも参加との事でかなり楽しみにしていたのです!

感想は...も~「スバラシイ!」の一言に尽きます!!

あんなに素晴らしいとは思わなかった!

トーンと強弱の付け方が素晴らしい、聴き入ってしまう。

ニコニコした彼自身の柔らかな空気感と、ウクレレの優しい響きがとてもマッチしていて良いです♪
けど、そのニコニコとは打って変わって、アグレッシブなパートでの彼の迫力満点のプレイにはもう圧倒されるばかりでした!素晴らしいプレイを聴かせてくれました。


押尾さんも、テクニック、メロディー共に素晴らしく、2人で一緒に演奏をすると、ウクレレの柔かで艶やかなトーンとアコギのキラキラしたシャリっとしたトーンが混ざり合って心地よいコントラストになっていました。


あと、MCでの2人の掛け合いも、なんかほのぼのした漫才を見ているようでオモシロかった(笑)


いやぁ、今回生で演奏を聴いたのは初めてでしたが、ジェイク シマブクロ、押尾コータロー、両者共に、しばらくどっぷり浸かってしまいそうです☆




  1. 2009/08/23(日) 22:55:39|
  2. ライブ・コンサート参戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

TOEIC ↑

TOEICの結果が返ってきました~。

微妙にスコアUP^^

10点upの860でした~(^^)v

バイトで日々機械語は使っているのだけど(w)英語の勉強には十分と言える時間を割けていなかったので、10点だけでも更新できて嬉しいです。

卒業までに900点over、現実味を帯びて来たな( ̄ー ̄+)

留学から帰って来た後輩のWにこれで追いついたのかな?いや、Wは900取ったんだったか?

あと、バイト先に非帰国子女かつ理系(プログラムめちゃ出来る...)なのにTOEIC900点over、しかも学部二年生という化け物早大生がいるので、俺だって世界志向を標榜するからには彼に追いつきたい(>_<;)


さてさて、明後日にはなんとジェイク シマブクロさんのコンサート(あえてライブとは言わないw)を見に行ってきます♪

意外でしょ?エエ、自分でもそう思いますとも(笑)

半ば勢いで公演四日前にチケットを購入したわけですが、ゲストで押尾コータローさんも出るらしく、ギター小僧的にはかなり楽しみです♪

それでは、週末もガッツリ元気にいきましょう!
  1. 2009/08/22(土) 00:29:26|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

当たりが付けられれば...

今日はバイトでperlのコードを書いた。

perlなんてほとんど使った事無いので、当然ネットで必死に参考サイトを飛び回りながらの作業orz

けど、最近思うのだけど、
1.やりたい事に向けて必要な処理を考える → 2.ググる → 3.使えそうなコードをコピペ → 4.挙動を確かめつつコードを解読する → 5.適宜自分のやりたい事用に書き換える
という作業をもうかれこれ数ヶ月やっているので、だんだん「当たり」を付ける力がついて来たように思う。

「このモジュール、こんな事してんじゃない?」とか「ここで渡される値は○○なハズだから、この引数で渡されてる変数が○○なハズ!」みたいな感じで。

学校でJavaをちょっとかじった程度(授業を真面目に受けていなかったのでw)で、さらにシステムの知識なんて皆無だった自分が最近少し作業が捗る感覚を感じられるのは、この「当たり」を付ける力が少しついたからだと思う。

まだまだ絶対的には力不足だけど、このバイトを始めた当初の自分との相対値で言えば着実に力は付いてきていると期待したい。。

perlやPHPといった言語に限らず、SQLやウェブサーバにメールサーバ、MTA、その他Linuxの設定ファイルetc

色々と必要に迫られて試行錯誤する中で少しは色々と自分の中にストックが出来て来ていると嬉しいな。

ただ、出来てそのまま「やった~」で終わらせてしまうと、断片的な薄い知識の寄せ集めが残る(直ぐに忘れる?)だけなので、復習とか補習を習慣化しないとなぁ...時間を作らなきゃorz


あと、ほんとそれぞれの言語のライブラリやモジュールって想像以上に充実しててビックリ!

検索すれば、大抵の事は該当モジュールが存在していてサクっと実装できてしまう...スゲェ。。

あと、ネット上にブログなどで色々なプログラムを公開されている方々にも感謝感謝です(-人-)
  1. 2009/08/18(火) 02:43:44|
  2. プログラミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

大きな石、大きな意志

今日はバイトでした。
先日起こった芸能事務所アミューズの顧客情報流出事件は、SQLインジェクションによるもの、という解説を日経新聞で読み、SQLインジェクション初め様々なセキュリティリスクについて調べたせいで、自分が普段書いているコードは果たしてダイジョウブなんだろうかとなにやら不安を感じながらプログラミングしてました。。

まぁそれはそのうちまたブログに書くかも。



ところで、池田先生のブログ経由で堀江さんのちょっとした小話を見つけた。

以下一部引用

目の前に4リットル入る大きな壺があります。
彼は箱からコブシ大の石を十数個取り出して壺に入れました。これ以上入らなくなったところで、聞きました。「この壺はいっぱいでしょうか」
全員が「いっぱいです」と答えました。

次に彼は小石をたくさん入れたバッグを取り出しました。
小石を何個か取り出して壺に入れて、揺すりました。するとすきまが詰まって小石が壺の中におさまりました。
彼はもう一度尋ねました。「この壺はいっぱいでしょうか」
今度はみんな答えることができず、次に何かあるのかなと首をかしげました。

すると彼は次に砂の入ったバケツを取り出して、壺の中に砂を注ぎいれました。
みんなを見渡してもう一度尋ねました。「この壺はいっぱいでしょうか」
何人かは「そうかもしれない」と言いましたが、みんな黙っています。

次に彼は水差しを取り出して、壺がいっぱいになるまで水を注ぎ始めました。
一同を眺めわたし、尋ねました。「この実験の意味は何だと思いますか」

頭のいい若者が答えました。「どんなにスケジュールがいっぱいでもよく考えればもっと仕事を入れることができる」と。
彼は「違います」と笑顔で答えました。「そう答える人が多いのですが、そういう意味ではありません」

「この実験から学べることは、最初に大きな石を入れないと、それは後からは永遠に入れられなくなるということです」

さて、あなたの人生の「大きな石」は何でしょう。家族との時間、将来の夢、健康、それとも志でしょうか。最初にそれを入れないと、それは永遠に入れられなくなるのです。




この話しにはマイッタ。。

壺の大きさのように、人の人生なんて有限だから、自分にとっての大きな石を修めるんだっていう大きな意志を持って時間の使い方を選択していかないと、あっという間に砂と小石で埋め尽くされて人生は終わってしまう。

もっとミクロに見れば、日々の自分の時間を何に充てるのかという事。

小石に惑わされずに、まずは大きな石を入れるための活動に自分の時間を使っているか?

自分が今日の予定に入れようとしているこの時間は、果たして大きな石を入れるためか、それともただの小石を得るための作業か。

日々この問いかけと選択の連続。

ちょっとしばらく頭から離れなそうな小話でした。
  1. 2009/08/13(木) 02:02:24|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

さまそに

実は初めて!のサマソニへ行ってきました~♪

1日だけの参加だったけどすっごい楽しかった^^

普段チャレンジしない音楽を沢山聴けて刺激的でした♪

当日の流れは
Hollywood Undead → MASTODON → マリンの外でやってたHRコピーバンド(笑) → EGO WRAPPIN → HOOBASTANK → B'z → LINKIN PARK → 中田ヤスタカ → Lady GAGA
ってな具合でした

参加する時点でちゃんと聴いた事があるアーティストはMASTODONとB'z、その他に関しては、フーバスとリンキンを数曲(しかもサビだけ)知っているというレベルだったので、ダイジョウブかなぁとちょっと不安もありましたが、始まってしまえば全然関係無く楽しめました^^

で、ハナから楽しみだったMASTODONとB'z満足満足です♪

MASTODONはホント、ヘヴィなんだけど展開が激しくて不思議な音楽だったなぁ、めっちゃ暑かったけれど間近で見れて良かった!今後もあの独特な世界がより鋭さを増していって欲しいものです。




で、B'zはもうハンパなかった!

会場の揺れ方が凄かった...メッチャ盛り上がってました!

松本さんのギター、初めて生で聴けてマジで感動です(T.T)

Callingとか、さまよえる蒼い弾丸とか、高校生の頃凄く憧れてた(今も好きだけど)自分の大好きな松本さんのプレイが聴けて最高でした!!

あと、稲葉さん、「この人、メッッッッッチャ声でるなぁ」と脱帽でした...もうたぶん40歳近いよね?
あの声量はパナイっす!!
唄もマジでウマいし...凄い2人でした。。

あと、「ウルトラソウル!」「ハイ!!」って出来たのがちょっと感動www



また来年も参戦したいなぁ^^(またメタリカを読んでくれないかしら...)


さてさて、気づけば八月ももう10日間が過ぎてしまいました、日々が過ぎる速さにビックリですが、毎日充実させていきましょう!!p(^^)q
  1. 2009/08/11(火) 01:45:52|
  2. ライブ・コンサート参戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

「プロ」経営者

ども、久々に二日連続でブログ更新してみます^^
最近は改めて「速さ」にこだわってみようと、メトロノームに合わせてYngwieのフレーズを弾いているワタクシです。
ちょっとギターの練習サボりがちだったのでリハビリがキツいっす...



さっきWBSを見ていたら、藤井清孝さんが出ていた。

「あ、藤井さんだ」と思い見たら、肩書きが「ベタープレイス・ジャパン代表取締役社長」となっていた。

ヴィトンの社長からまた違う会社の社長になっていたようだ。

藤井さんの経歴はハーバードMBAを取得後、マッキンゼー、ファーストボストン、ブーズ アレンを経て、
日本ケイデンス・デザイン・システムズ代表取締役社長
SAPジャパン代表取締役社長
クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン代表取締役社長
ルイ・ヴィトンジャパンカンパニーCEO
とまぁ、凄い事に...

言ってしまえば、「プロ」の経営者。

アメリカでは「経営者」というプロフェッションが存在するのだと誰かが話していたけれど、正に藤井さんのような人を言うのかな。

ある会社の社長が、別の会社の社長に就任したって話し、よく聞きますよね。

最近で有名なのはHP→ダイエー→MSと渡っている樋口さんとか。

マーサージャパンの社長だった柴田さんも、CCCの社長をされています。

こんな風に、「経営のプロ」な人達っているんだなぁと。

そして、コンテンツは違えど、思考プロセスって大体共通だからこそ、彼らのような「プロ」経営者って存在し得るのかなぁと思います。

自分もそういう思考できるようになりたい!!!

ただ、自分が思いつくこういった類の人の共通しているのが...MBA (T.T)

いや、MBAが彼らに力を与えてくれているんじゃなくて、その取得プロセスにおける猛烈な努力が彼らに力を与えているんだと考えれば、自分次第なハズ!

MBAって、ホント猛烈に勉強するらしいし、それに比べれば自分の現状なんて遊んでいるも同然...orz

今後も精進精進です。


せっかく話しに出したので、ワタシの大好きな「外資系トップの仕事力」という本から、藤井さんの言葉を紹介します。

三菱商事の内定を蹴ってマッキンゼーへの入社を考えていた際、相談すると9割の人から反対意見を投げられたとの事。
そこでの9割の反対派と1割の賛成派についての藤井さんの言葉が凄く印象的

「マッキンゼーの事を悪く言う人は、全部イメージがベースだった。対して、よく言う人は全部事実のコメントだった。自分がよく知らない事には人は批判的になりやすい。そういう力がここでも働いたのだろう」



自分の発言がファクト(事実)ベースなのか、イメージベースなのか、ちょっと再考したくなる言葉ですよね。

ついつい、よくわからない事って、懐疑的なコメントを投げてしまったりしがちかなぁと。

実際はよくわからないのだけど、なんかそれっぽい理由を付けては反対してみたりしがちじゃないですか、人って。

自分も気をつけて、自分の発言にはしっかり責任を持つ事を心がけなきゃなと思うのです。


最後にもう一個引用

「人の役に立てているかどうか。それにはっきりと答えられないのなら、企業も個人も、やがて淘汰されていくんです」



さてさて、明日もまた頑張っていきまっしょう p(^^)q


  1. 2009/08/05(水) 01:01:04|
  2. 経営
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

jazz vs symphony

ども、久々の更新になりました。

最近はもっぱらバイト先でメールサーバ周りの設定ファイルやオープンソースソフトのコードと格闘する日々のワタクシです。

今までは浅く広く(?)イロイロな箇所をいじっていたのですが、今回は「メール周り、任せるから詳しくなってよ」とシゴトを振られたので、一点深堀するチャンス!
最初なんて「え?メールって...どういう仕組みで送られるんだっけ?」ってな具合にもうわからない事だらけで日々是勉強な感じで力尽きそうになりましたけど、力付いてる気がします!

それに、日本語のドキュメントが少なくて英語のドキュメントを読まなければいけない事が多々あるのだけど、なんだか役立てている感じがして充実感を感じます♪



話し変って、御立さんの『経営思考の「補助線」』という本をを読みました。




実は、出版記念の丸善での講演&サイン会にも行ってきたんですけどね(笑)

御立さんはボストンコンサルティンググループの日本代表の方です。

テレビ東京のWBSにもコメンテーターとして出演しているので知っている人も多いかと。

凄く物腰が柔らかくて穏やかな印象を受けました、いやはやカッコいい人でした。
お笑い好きだというのがもの凄く意外でしたけど(笑)


ところでこの本なんですが、ネット上に連載していたビジネスエッセーをまとめたものだそうで、何気ない話しだったり歴史なんかをベースに、ビジネスやら経済・経営関連エッセーが展開されています。
あまり堅く無くて読み易いので、興味があったら是非読んでみてください。


で、一点凄く印象に残った箇所があったので今少しログを残そうかなと。

それは、"jazz vs symphony"のお話。

ここでjazz と symphonyというのは、組織形態のあり方について言っています。

symphony型というのは、従来的な、指揮者(= リーダー)に従ってメンバーが動く組織の事。
ここでは「1 対 N」型組織と表現されています。

対してjazz型というのは、たとえバンドのリーダーがいたとしても、jazzの演奏がプレイヤー間のコミュニケートに影響を受けつつ進行していくような、誰かの指示ではなく、プレイヤー自身の考えで進行し、そのなかからさらに新しい展開が生まれるような組織の事を言っています。
ここでは「N 対 N」型と表現されています。
(ザックリですが...)

この辺り、読んでいてオモシロいなと思いました。

イノベーションを起こして行く上で必要なのはジャズコンボ型組織だ、というのです。
けれど、そこにも必ず「組織としての方向付け」を行うsymphony型のベースがあった上でのジャズコンボ型組織という言い方ですが。

ここで、jazz型の場合、メンバー選出が非常に重要で、ここを行って行くのが求められるリーダー像だとの事。

そして、jazz型への移行を進めれば進める程、「自分以外の他人が、最も活躍できるように、準備をする」ことに長けた経営者ほど成功する確立が高くなるのだそうな。



就職活動をしていて思ったのだけど、「自己実現」って、まるで呪文のように就活生たちは唱えるわけです。自分もそうでした。

そして、「自分はどう貢献できるのか?」と。

人って、自分の望む方向を向いている時って普段より生産性高くなりますよね。
粘り強さも増しますよね(ちょっとわからない事があったくらいじゃ投げ出さないですよね)

この、一人一人が持った方向性を踏まえた上で、ビジネス課題を細分化し、彼らの自己実現とのベクトルに沿った形で演奏の舞台を提供する事、これが一番人を活かすリーダーのあり方なのかなと思いました。

そのためには日頃からしっかりと人と向き合い、人を見続けなきゃいけないわけで、中々大変だろうとは思いますが。


仮に自分が5年10年経って、仕事上プロジェクトでリーダーとかをやらなければいけない場合、こういう人間でいられるかな...いたいな、と思った。

サークルで部長をやった時の反省を込めて。。




さてさて、大学生は夏休みですね!
一昨年は短期留学、昨年は就活・インターンだったので、今年はどうしようかなと考えた結果...
バイト&研究という方針に決定です!

夏休みだけど、平日は2日間バイト(メールサーバ周り&MySQL!)と2日間研究(実装じゃ!!)、1日休み、土日は遊ぶ、基本こんな感じで過ごそうかと^^

さ~頑張るぞ!!
  1. 2009/08/04(火) 03:08:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。