Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

V字回復の経営

V字回復の経営という本を読んだ。


ずっと前に某就活情報サイトで薦められていて気になっていたところをブックオフで\105なので即購入した本書。


内容は、太陽産業という会社の、アスター事業部という赤字続きの事業部を黒岩、五十嵐率いる中堅・若手選抜メンバー:「改革タスクフォース」 が二年以内の黒字かを目指し奮闘する様を小説仕立てに描いた物語。

著者の三枝さんはBCGでコンサルタントをされていた方で、正に企業再建職人。

このストーリーは、三枝さんが実際に経験されたプロジェクトのいくつかを混ぜ合わせて作ったのだそうな。


実際に読んでみて、思わず引き込まれてしまった。

やってもやらなくても同じ、危機感を皆が全く感じていない腐ってしまった組織を変えて行くのがどれほどエネルギーを要するのか、自分が体験したわけではないけれど、なんだか凄く生々しく感じ取る事が出来る作品でした。

人それぞれ仕事や会社へのスタンスは違う。

その会社に属しているからって、必ずしも会社を良くするために皆が力を貸してくれるわけではない。

中には足を引っ張る者や、陰険な嫌がらせをする者も。

社員なのだから当事者のはずなのに、野党気分で傍観者を決め込んでいる者も。

なんだか凄く生々しい。

果たして実際に自分がそういう場面に直面した際には、自分は当事者として動いて行けるだろうか。

いつでも当事者でいたい。

批判だけ上手い野党になりたくはない。

けど、実際には人間そんなキレイには渡って行けないのかな。。



こういう形で経営者頭を鍛える機会が与えられたらどんなに自分を成長させてくれるか、と思った。

怖いようで、実際に一度自分でもこういう改革に巻き込まれてみたいとも思ってしまう。



自分が目指しているビジネスパーソン像と重なる部分も多く、読み入ってしまい、久々に電車内で読んでいて「もう乗り換えか」と感じる事が多々ある本でした。

また、色々と黒岩はじめタスクフォースメンバーの言葉は重いです、考えさせられます。

読んでいて思ったのは、会社の戦略を決めるプロセスって、個人の目標や戦略を決めるプロセスにそのまま当てはめる事が出来るなぁという事。

例えば以下

ダメ会社は開発テーマが多過ぎる。全部やりきれるハズもないのに上層部があれもこれもとテーマを増やすので、どれもはかばかしく進まない状況になる。



会社に明確な戦略が無い。そのため、開発テーマをふるい分ける基本思想がハッキリ打ち出されない。



戦略が無いので時間軸が甘くなる。開発をダラダラ続けてもマズいと思わない。



「会社」を「株式会社自分」と置き換えて読んでみるとまた考えさせられる。

自分がどうしていきたいか、戦略、ハッキリ打ち出す努力出来てますか?

これ、ついついなあなあにしてしまうんだけれど、凄く大切だなって改めて思った。

株式会社自分を腐った状態に陥らせないために。


とまぁ、こういう読み方も一興。


逃げれば逃げるほど、中途半端な結果に。


興味があればご一読を。


ではでは、また明日から一週間頑張っていきましょ~^^♪
スポンサーサイト
  1. 2009/06/29(月) 00:54:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

また「作業」と言ってしまった...

バイト先で、開発していた案件のテストフェーズに入っている今日この頃。

テスト仕様書に従い、一つ一つプログラムの挙動やシステムの環境チェックをしていく。

「仕様書に従ってテストしていくのって、プログラミングより精神的にシンドイですねぇ、やっぱ"考える"のより"作業"って精神的にキますね」(頭使わない単調作業ってキツいですね、という意図ね)という俺の発言に対して社員さんが

「テストってプログラムがわかってないと挙動とかにそもそも疑問を持てないから出来ないんだよ、それに、技術的に凄い人ほどテストをしていくなかでオカシイと思った所を自分なりにどんどんぶっ壊して(ここは彼なりのジョークw)正常な状態で再構築しちゃったりするから、テストも技術的な知識は相当必要だよ」
と言われてしもた。。

また、テスト仕様書のいくつかの項目を俺も書いたんだけど(といっても社員さんが大筋を示してくれたから書けたんだけどね)、テスト仕様書に関して
「全くの素人でもテストが出来るくらい分かり易く網羅的なテスト仕様書を書ける人って凄い人だよ、ながたかクンにもそれくらいになって欲しいなぁ、スグに(笑)」
とのお言葉もいただきました(爆)。。

は、ハイ、テスト仕様書の私が作成した項目、自分しかわからないかもしれません(汗)精進します...



まぁとにかく、自分の発言から自分自身の意識の甘さを痛感したのでした。
あぁ、まだまだシロートやぁ俺orz
  1. 2009/06/24(水) 00:03:43|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

MR.BIIIIIIIIIIIG!!!

今日は横浜アリーナでMR.BIGの再結成ライブ見てきたどーーー!!!

すっげ~良かった♪

一曲目いきなりDaddyだった~生ドリル見れた~(笑)

Daddy → Take cover → 60's mind
っていう流れで、60's mindでもう既に感極まってました(笑)


いや~良かったなぁ、メンバー全員がメッチャ凄腕だから、演奏の凄さから入ってしまうんだけど、やっぱ彼らの良さって、曲だよね!

素晴らしい曲ばかり、やり切っちゃったって感じの大満足ライブでした^^

最後には楽器を持ち替えてのSmoke on the waterとか、shy boyまで飛び出し大興奮でした!

addicted to that fu×kin RUUUUUUUUUSH!!!

う~ん、今日はグッスリ眠れますzzz





  1. 2009/06/22(月) 00:19:27|
  2. ライブ・コンサート参戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

シューカツな本

今日1日で、偶然にも三人の新就活生(?)から「就活関係の役立ちそうなモンをくれ(教えて)」と言われたので、ブログにまとめてみる。


まず、自己分析。
俺は以下を使いました



この本は、結構分量もあるし、今から動き出してる人じゃないと全部やるのは不可能カモ。
そして、かなり熱血精神論満載なので、俺みたく暑苦しい考え方の人じゃないとアレルギー反応でるかもね(笑)

あと、全部やり込むのは...俺は出来ませんでしたorz


んで、SPIやらのテスト対策には

      
これをしっかりやっておきましょう。

あと、自分の志望企業が何のテストを使っているのか、早めに調べて効率的に動きましょう。
俺は、SPIは微妙だったけど、GABとCABには自信がありました♪
IT系でいうと、マイクロソフトとかシスコでお馴染みのTG-WEBの対策もこのシリーズでOKです♪

間違っても全てのテストを均等に対策しようなんて考えで対策を始めないように...




あと、色々とフレッシュな情報は仕入れておくにこした事はない。

例えば、俺みたくIT志望の人ならば、最近話題のクラウドコンピューティングについて以下のような書籍で調べてみたり




SCM?CRM?って人はこんな本を読んでみたり

   



こういう本を数冊熟読していたおかげで、かなり面接官と話し込む事が出来た面接が多々。

「よく勉強されてますね」と誉められた事も数度ありました♪

例え本の受け売りでも、そうやって調べてるんだよっていう事を示す事で、評価はともかく、少なくとも熱意を汲んでもらえるのではないかと。

あ、「俺知ってるぜ~」って態度で話しちゃ駄目よ(笑)謙虚にね。

例えば、「○○という書籍を読んだのですが、そこで書かれていた×△がとても印象的だったんですね、なぜならbrabrabra(自分の感じた事)」という具合に話題に出すと、ほとんどの面接官はソレに対して真面目にリアクションを返してきてくれます。

興味がある業界の気になる分野(なければジェネラルな物)の書籍は移動中とかに積極的に読んでみたら絶対役に立つと思うよ^^

これを機に色んなビジネス本にも手を広げてみると楽しいかもね^^

俺はよく以下みたいな本に勇気づけられてました



変な就活のマニュアル本を読むより、こういう本でトップランナー達の言葉に触れて色々と触発されて自分のスタンスを考えて行く方がよっぽど俺にとっては有意義だったし楽しかったし充実してたしワクワクしました。


あぁ、俺が去年初めて動いたのは5/31日のみん就のインターンイベント、もう1年経ったのか、長かったようで早かったのかなぁ。

アノ頃は投資銀行とかも見てたんだなぁ、懐かしい...とある外銀のイベントで外人社員に囲まれてビックリ、横でスラスラ会話してる東工大生を見てさらにビックリとかあったなぁ(笑)

コンサル対策セミナーみたいなの行ったら9割東大生でショボーンって事もあったなぁ(笑)


まぁそんな事はどうでもいいや(笑)

これから就活するみんな、頑張ってね!!
未曾有("みぞゆう" 笑)の危機っポイし、実際色んな企業で採用数かなり減ってるけど、気持ちが腐ったらソコで本当に全部腐っちゃうからね、シンドイ事もあるかもだけど、ファイト!!!
  1. 2009/06/10(水) 00:18:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

よく思い出す


難しく考え出すと 結局すべてが嫌んなって

そっと そっと 逃げ出したくなるけど

高ければ高い壁の方が

上ったとき気持ちいいもんな

まだ 限界だなんて認めちゃいないさ




何の歌詞だかわかります?
大好きで、よく思い出しながらメラメラ燃えてますワタクシです(笑)

では、また新しい週、頑張っていきましょう!^^
  1. 2009/06/07(日) 23:51:49|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

SCHECTER!!

この前楽器屋で俺の目を釘付けにしたあの子をネットで調べてみた!!
EX-24

http://www.schecter.co.jp/ex524ctm/ilb.html

いつの間にかEXシリーズに24フレット仕様が加わっている!

あぁ、欲しいなぁ...いつ見てもSCHECTERのEXシリーズは美しい...


今の相棒のSCHECTERとももう結構な年数になります。

大好きです、SCHECTERの音!!
もちろん見た目も!!


ハァ、社会人になったらもう一本SCHECTERいっちゃおうかな...♪
  1. 2009/06/06(土) 23:37:40|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

リスクヘッジ

海部さんがブログでオモシロい事を書いている。
( http://d.hatena.ne.jp/michikaifu/20090604/1244174287 )

50近くなると、これまでやってきたことに圧倒的に縛られ、ポストは限られてくる。子供がいたりなんだりと、制約も多い。失業して「なんでもやります」と言っても、over-qualificationだったり、いろいろと雇う側の都合もあり、なかなかそうもいかない。「unemployed(雇用を解消された)」ではなく、「unemployable(雇用不能)」になる。私も40ちょっと前に、自分はunemployableになったなー、と骨身にしみたもんだ。



この"unemployed"ではなくて"unemployable"という下りは中々印象的。

若いうちって、「日々働けば喰って行ける」って思ってしまうんだけど、その「日々働けば」っていう前提が崩れる日が来るっていう事を考えると、早め早めのリスクヘッジって重要だね。

けど、実際リスクヘッジとして個人が行って行ける事がどれほどあるんだろうか?

まず、少し違うのかもしれないけど、健康第一、これは基本だ。

健康を害してしまったらリスクヘッジも何もない...それどころか医療費等がかさんで尚更生活が圧迫されてしまう。


そしてやっぱり基本中の基本、貯金癖。

これはもう、付いていない人は今からでも習慣付けるベキ。

「学生で収入が少ないし」なんて言っていないで始めるベキ。

学生なんて、最悪(あまりしたくないけれど)親にすがれば生活はなんとかなるわけで、リスクヘッジなんて考える必要はないのだけど、じゃあ何が重要って、額自体が重要なんじゃなくて"癖"、"習慣"化する事が重要。

それと、やっぱり投資の知識は無いよりあった方が断然いいと思う。

自分も、ここ最近の株価上昇の影響で含み益が膨らんでそのインパクトを実感した。

貯金だけだとやっぱり遅い。

もちろん、投資自体のリスクヘッジがボロボロじゃ話しになんないからその辺はしっかり勉強したりして考えて動かなきゃだけどね(それが簡単に出来たら苦労しないってね 笑)


ここまでの三つはどちらかというと"守り"のリスクヘッジ。

じゃあ"攻め"のリスクヘッジって何が出来るか?

unemployableにならないように日々自己研鑽を怠らない!...っていうのはちょっと論点ズレてるかな。

日々の自己研鑽なんて当たり前で、一人市場に放り出されても喰っていけるようなプロフェッショナルになるための試行錯誤は日々していたい。

これは普通のサラリーマンにとってはメチャクチャ重要なリスクヘッジなんだけど、じゃあ、それでもunemployableに成り得ると仮定した上でのリスクヘッジは何か?...

...海部さんも言っている、副収入を得るパスを持つ事かぁ。。

「週末起業」とか色々と言われているけれど、これって案外ハードなんだよなぁ...

副収入ねぇ、ただブログとかメルマガにちまちまとアフィリエイトのリンク貼っても稼げないし、真面目にやろうとしたらそれなりに作り込んだサイト作りやらSEO対策やら...けっこう骨が折れる。

上手くいったらいったで副業が忙しくて本業に身が入らないなんて現象も起こりうるのかなぁ、そうすると結局副業だった事に専念する事になって、複数の収入源を確保する事にはならない。

なんか、考えてみると、金持父さん的に言うならば、結局のところEクワドラントにいながらでは収入源を複数持つ事によるリスクヘッジって中々難しいんじゃないだろうか。

結局「ビジネスを所有する事」っていう金持父さんの受け売りしか考えられない自分...


ま、やれる事をとにかく試してみる事しかないか!まだまだ今のうちの失敗なら再起不能にはならない!!



あぁ、余談だけど、社員さんから「明日も来てくれ」と言われ断れなかったので明日もバイトしてきます...
八時間座ってプログラミングするのは流石にこたえるけど、なんか海部さんのブログを読んだら「あぁ、自分は"unemployable"じゃ無いんだよなぁ、それだけでも幸せな事なんだろなぁ」なんて思って、少し明日もプログラミングする元気が湧いてきました(笑)

ここんとこ、デバッグデバッグエラーエラーの繰り返しで、流石のバカポジティブ志向な俺でもバイトに対する気持ちが沈んでたので(笑)
  1. 2009/06/06(土) 00:37:38|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

VITALIZER

就活始めた五月頃、所謂「自己分析」なんて事をやってました。

就活するなら先ずするもんだと勘違いしてましたから(本か何かの読み過ぎ? 笑)

ノートを一冊用意して、就活中はずっと思った事や感じた事をここに書いていました。

実はこのノート、今だに色々と書き込む事もあったりして現役だったりするんですが、さっき何となく、「どういう人間でありたいか」みたいな事を大真面目に考えてたりした日のページを読み返してみた。

『自分と関わった人間が(シゴトであれプライベートであれ)幸せに、笑顔に、気持ちよく1日を過ごせるような人間に』と書いてあった。

あぁ、1年前にはこんな事を毎日時間作って大真面目に考えてたんだなぁ、就活恐るべし(笑)


で、そのページに後から書き足した言葉があります。
『「あなたに会えて良かった、あなたがいてくれて良かった」そう言われる人間でいたい』
というモノ。

クサいですね~

けど、好きです、こういうの。

これ実は、インターンで知り合った某氏がmixiの自己紹介に書いていた言葉。

気に入ったし、自分の書いた目指す人間像とリンクしたので拝借しました。


先日、また一つ良い言葉を見っけたのでここに書き足しました。

"VITALIZER"

vitalize=元気付ける、生命力を与える→元気を与える人やモノ=vitalizer

そうなれたらサイコーじゃないですか!

「暑苦しい」とか「ウザイ」といって嫌がられそうですかね(笑)

ま、いいです。

be VITALIZER!!
  1. 2009/06/01(月) 02:12:55|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。