Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

グローバルメタル

昨日、グローバルメタルという映画を観てきました!

人類学者のサム・ダンという人が、世界のメタルカルチャーに迫るドキュエンタリー!

ちなみにこれは二作目で、一作目はコチラ↓



メタルがグローバル化と出会ったとき、
なにが起こるのだろうか?

メタルは世界カルチャーの均一化に貢献しているのか? メタルはいかにして伝統文化に対抗し、影響を与え、変革をもたらしているのか? メタルはその土地固有の音楽文化を圧倒してしまったのか?それともうまく融合しているのか?
一連の疑問を解くためにサムは再び旅に出た。地理・宗教・政治的にも非常に大きな違いがある国々でサムはどのような答えを見つけたのか…?
遂に音楽ファン待望のヘヴィメタル・ドキュメンタリー、第2章の幕が上がる!!(official siteより引用)



観ていて熱くなる映画でした!!

改めて、METAL HEADSが世界中にいるんだという事を実感するだけでなく、様々な事を考えさせられました。

一つ目は、日本にいてはまず考えないけれども、メタル好きでいられる事がどれだけ素晴らしい事かという事。

国によってはメタルが規制されていて、メタTや長髪で逮捕されるそうです...

悪魔崇拝と勘違いされボコボコにされ髪を剃られたなんて証言も...

そういう国ではメタルヘッズはアンダーグラウンドで生きるしかないわけです。

メタルバンドのCDなんてまず国内では見つからないとの事。

けれど、ネットでダウンロードをする事で彼らはメタルに触れられます。

もちろん違法ダウンロードなんだけれども、この事に関してのメタリカのラーズのコメントが印象的。

それで彼らがメタルに触れられるのであれば、最高じゃないか」と。

違法ダウンロードの被害者であるアーティスト本人の口から「それで彼らがメタルに触れられるのであればクールだ」という旨の発言がでるなんて。

cool!


二つ目
現代日本という社会的に豊かに恵まれた環境にいるから意識しないが、音楽には社会的・政治的パワーがある事。

これは何もメタルに限った事ではなく、それこそ60年代、ウッドストックの時代からそうだ。

彼らは社会への鬱屈とした不満や戦争への反意をロックという形で表現した。

メタルだってそうだ。

ただ音楽の美しさに浸るだけだっていいし、暴虐な音に酔いしれるもよし、けど、社会への不満をはじめ、様々なメッセージを発信する力を持っている。

反社会的なメッセージは好ましく無い?暴力的な音・歌詞は耐えられない?

それらも人間の感情だ、ならば誰かが表現しなければいけない。

人を好きになるのと同じ位、人を嫌いになる事が自然なように、人間の精神に夢や希望だけでなく不満や憎しみ、ヴァイオレンスが沸き上るのは自然な事だ。

そこに優劣は存在しない。

そして、存在するのであれば誰かが表現しなければならない。

国の政治に対する不満、宗教的争い、日々の生活への不満。

中東やアジアのメタルヘッズは、俺がもっている以上の感情をメタルにぶつけていた。

彼らには"趣味"では片付けられない意味があった。

衝撃的だった。

同時に、そういう国のバンドの音にもっと触れてみたいとも思った。
俺たちには出せない狂気が滲んでいるのかもしれない。

そして最後に、メタルは本当にフリーでデッカい音楽だと思った。

夢や希望に溢れた美しいメロディーから切なさ、果ては人間の負の感情、ヴァイオレンスまで表現できる。

そして、社会、政治、各国の伝統文化・音楽まで全て飲み込み、世界中で細分化し進化を続けている。



映画のラストにインドでメイデンがライブをやった際の映像が映ったのだけど、これが感動モンでした(T.T)

インド人のメタルヘッズがこう言っていました。
「20年待ったよ。ブルース(ディッキンソン)を見たら...泣いちゃうよ(笑)」

20年。

インドのメタルファンの皆は待ちに待ったよな。

インドでメイデンがライブを行った日。

インドにメタルが開かれた日。


Fear of the Darkのイントロが美しすぎて、鳥肌が収まらなかった。


メタル好きな人は、とりあえず観ましょうこの映画!!

視点が深まること間違い無し!!


観て熱くなれ!メロイックサインを振りかざせ!!!
WE LOVE METAL!!!
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 23:14:07|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

合宿

サークルの夏合宿に参加してきた!

今年は参加しないつもりだったんだけど、金曜の午後に急遽参加を決め、急いで学校から帰り急いで荷造りをして夜に出発w


いや~、楽しかったw

現役生にとっては地獄の夏合宿も、OBとして参加するとこんなにも楽しいもんかw

必死で音採ったり練習しなくていし、昼間っから飲んでたりでw

土日月と、沢山笑いました^^

急遽参加したにも関わらず、OBセッションにも参加。

前日の深夜からアレンジを考え始め、実質二時間程度で原型を留めないヴァージョンが完成w

爽やかなロックをドロドロでゴリゴリのメタルにアレンジしましたw
チューニングを1音半下げてw(ダウンチューニングなんて久々だぁ)
ギターソロにもスウィープとかタッピングを入れてw

こうなるならちゃんと練習しときゃよかったなぁ...

けどまぁなんとかなったし(?)、短時間でアレンジしたにも関わらず、個人的には結構気に入っていますw

1音半下げの重低音も弾いてて気持ちよかったし♪

みんなでやったアレンジ作業も楽しく、一緒にやってくれた先輩諸氏と、ヴォーカル&酷な要求を引き受けてくれた後輩に感謝です、楽しかった♪


合宿通して毎日三時間くらいしか寝ませんでしたw

俺もまだまだ若いなぁ♪


その反動で、今日1日ベッドで死んでいましたorz


さて、明日はバンド練があるんだった...新曲を全くコピーしてない!ってか、ちゃんと聴いてないから構成すら全然覚えていない!!

あ~、今日は自宅で一人合宿かなぁ...睡眠時間削らないとかなぁ...


まぁとにかく、メチャクチャ楽しい時間を過ごせました!
みなさんに多謝(-人-)
体調が完全に元通りになるまではまだしばらくかかりそうですw
  1. 2008/08/26(火) 21:18:02|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

人生の短さについて

人生の短さについて

凄いタイトルですよねw
以前読んだ本なんですが、再読してみました。


著者のセネカという人は紀元前を生きた哲人。

読んでみて、「人間の考える事って、悩みって、本質はずっと進化していないじゃないか、現代を生きる俺が、紀元前の人間が悩んだ事と同じ事で悩んでいるなんて」と感じずにはいられなかった。

彼の言葉はかなりヘヴィにのしかかってきました。

その中でも特に効いたのがこれ

諸君は永久に生きられるかのように生きている
(中略)
充ち溢れる湯水でも使うように諸君は時間を浪費している。ところがその間に、諸君が誰かか何かに与えている1日は、諸君の最後の日になるかもしれないのだ。諸君は今にも死ぬかのようにすべてを恐怖するが、いつまでも死なないかのようにすべてを熱望する。



「私は五十歳から暇な生活に退こう。六十歳になれば公職から解放されるだろう。」
では、おたずねしたいが、君は長生きするという保証でも得ているのか。君の計画どおりに事が運ぶのを一体誰が許してくれるのか。人生の残り物を自分自身に残しておき、何事にも振り向けられない時間だけを良き魂のために当てることを恥ずかしいとは思わないか。
生きる事を止める土壇場になって、生きる事を始めるのでは、時すでに遅し、ではないか。

彼らはますます良い生活ができるようにと、ますます多忙をきわめている。生活を築こうとするのに、生活を失っているのだ。彼らは自己の企てを遠い将来に向かって整えている。しかし事を引き延ばすのは、生活を遥か遠くに投げ出すことである。この引き延ばしは毎日を順々に抜き取り、彼方のものを約束する一方で現在のものを奪い取る。


それは明日に依存して今日を失う事である。
(中略)
今直ちに生きなければならぬ。



初めて読んだのは1年以上前、イタすぎました。

今回再読しても、イタかった...

確実に訪れる保証の無い未来のために現在を差し出す事。

現代人の多くが、いや、きっと昔からずっと社会に生きる人間という生き物の大半がやってきた事。



「そうじゃなくて、現在も未来も手に入れる、俺はソコを目指すんだ!」そういう決意を新たにした。



例えば、嫌々将来のためにと言ってしたくもない勉強をする事、これは未来のために現在を差し出す事だ。

そんなの嫌だ。

将来の健康のために嫌々エクササイズをすること、これも同じ。

これも嫌だ。

じゃあ今とにかく楽しい事だけに時間をつぎ込めばいいか。

これじゃあ、現代社会においては未来を放棄するようなもんだ。

これも嫌だ。


「嫌だイヤだって、そんな我がままが通るのかよ!」というツッコミが入りそうだw

通らないかもしれないね、けど、俺はソコを目指すんだ。

毎日、勉強をしている、未来のために。
けど、その勉強は、嫌々だったらやらないように自分のスタンスをシフトしていこうと試している最近。

こうしてみると、不思議と楽しく出来る勉強というのが自然と残るので、自分の趣向性だったり特性がわかるし、楽しい勉強なら今を犠牲にする事無く(楽しんでるんだから!)未来も手に出来る。

エクササイズも、楽しくできることをやる、辛いのを嫌々我慢してはやらないというスタンスにシフトしようとしている。
これも、楽しんでるんだから現在を生きていて、かつ健康な体という未来も手に出来る。

読書もそう、ギターの練習もそう。

「○○が読めって言ってたから読み始めたけど、オモシロくないなぁ、けど読めって○○が言ってたから最後まで我慢して読むか...」
⇒すぐに止めて別の本に切り替えます

「これくらい知ってなきゃだから我慢してやるかぁ...」
⇒効率が悪いので、必要に迫られるまで、自発的にやる気がおきるまで保留します

「今日は気が進まないんだけど、毎日練習しないと腕が鈍るから練習するか...」
⇒こんな気持ちでギターを弾くのは金輪際止めにします


これらはこれまでの人生で往々にしてあったことだけど、⇒の方へスタンスを変えようとしているワタシ。


「そんなのただの我がままだ!」, 「それでやっていけるのかよ!」という言葉が飛んできそうですねw

俺だって確信はありません、けど、現在も未来も生きたいじゃないですか☆

幸い、これで結構快適な毎日です♪

たまには先生から頼まれ事をしたり、無茶振りをされてしまいこのスタンスを保てない事もありますが、まぁ現代社会においては必要なので受け入れますが、どうにかこれも楽しんでやろうと、"俺の"今にしっかりと組み込んでやろうとココロの持ち様なんかを試行錯誤しています。


何が言いたいのかわからなくなってきたんですがw
とにかく、今を生きる事しか考えずに未来を失いたくも無いし、不確実な未来のために今を犠牲にしたくない⇒両方獲ればいいぢゃん!というブレイクスルーを経まして、試行錯誤中です!

再度言いますが、確信なんてありません、挫折するのかもしれません、けど、トライしてみないのは嫌だから試してみます。

そんな事を考えるきっかけを与えてくれた本でした。


とにかく、現在も未来も楽しみ尽くしたいんだよ!!
  1. 2008/08/21(木) 00:14:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

休みフラグを降ろす事に...

メールがきました

"We are happy to inform you that your paper has been accepted to ○○(学会名)"

...ウソだろ(^^;)...


以前先生の「出しちゃえば」ってな無責任発言にノセられ投稿したハワイで行う学会...通っちゃったみたいです(>_<;)


ウソだろウソだろ~(オロオロ)...

あんな論文通るのかよ...まさか通るとは...

さてさて、オレはどうしたらいいんだ(オロオロ)

オレまだ学会発表ってニホンですらした事ないのに初体験が海外かよ(オロオロ)


そうだ、まずは願掛けに成田山へ行こう!

...いやいや、現実逃避はよそう...

とりあえず、休みフラグを降ろし明日からまた登校します...

インターン決まって九月は忙しくなりそうだと思ってたトコロにこの知らせ、なんだか洒落にならない繁忙期が訪れそうな予感w


お~し!当たって砕けろ精神でやったるぜ!

研究者になるつもりはないから、会場で会う人たちとは一期一会、旅の恥はかき捨て!(?)

オレが変な発表しても先生が困るだけだ!w

リラックスして頑張るぜ!!
  1. 2008/08/19(火) 13:11:49|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

休み!(^3^)

やっと、やっと休める...
なんだかんだで八月になっても休み無く活動し続けていたワタシ。

今日から夏休みを五日間くらいとります^^♪

今日は千葉をフラフラして、美容院に行ったりしました。

今日は美容院の予約時間の関係でザーっと色んな店を眺めただけだったんだけど、明日は気合い入れてショッピングしてきます!


さてさて、本日とある企業からインターン選考合格のお知らせを頂きました♪
実は企業自体にはあまり興味を持っていなかったんですが、人材やキャリアに対する考え方には共感するトコロがあったし、条件も良かったんで応募してみたんですね。

残念ながら第一志望群の企業のインターンは落ちてしまいましたが、こちらに運良く通ったんで、こちらで勉強させて頂きます!
実際のビジネスの現場、動くシステム、思考過程、決定プロセスetc二週間で学べる物は全て学ぶつもりで修業させて頂こうと思います^^
企業の人や他の参加者など、色んな人や考えに触れるのも楽しみ♪


さて、インターンの日程を初め、土日に行われる他の企業のone dayセミナーやら就活対策セミナーやらTOEICやら日経テスト(w)等、盛りだくさんの予定を手帳の九月の欄に書き込んでみましたが...おぉ!九月は死ねるなw

今の時点で既に23/30日埋まっている!!orz

しかも友人とまた資産運用やら自己啓発系のセミナー参加を話し合っているし...

それに、筋トレだってきちんと習慣化したいし、せっかく新たなチャレンジとして始めたフュージョンバンドも楽しみたいし...

はい、九月は週休0で乗り切る覚悟を致しましたw




余談だけど、久々にMR.BIGを聴いたらウルっとしてしまった(T.T)
個々人がスーパーテクニシャンだから、彼らのゴリゴリなハードロックもステキだけど、やっぱり彼らはメロウな曲がキモだよなぁ♪
60's mindなんて最高じゃないか!!






Green Tinted Sixties Mind~(^3^)~♪♪


  1. 2008/08/19(火) 01:14:54|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

METALLICA!!

最近改めてメタリカにハマっている。

超カッコいい!!

特にS&Mが鳥肌モノだ!

ジェームス...メチャクチャカッコいい...俺もあんなオッサンになりたい...カッコいいなぁ...

ジェームス目指して筋トレするぜ!!

けど身長はどうにもならないorz彼は186だとさ...デカイ...あの威圧感はそうでなきゃ出ないよなぁ...


最近実感した事がある。

それは、俺はヘヴィ&グルーヴィなメタリカが好きだという事。

初期メタリカももちろんいいんだけど、Master of Puppetsは好きなアルバムだけれども、所謂ブラックアルバム以降のヘヴィ路線のメタリカにトキメク今日この頃。

Entersandman、Fuel、No Leaf Clover ... etc
体の底から力が沸き上ってくるような感覚を覚えます!

音楽生の変化に賛否両論あるのは知ってるけどさ。(実際、高校の頃俺にメタリカを教えてくれた友人も、ブラックアルバム以降は嫌いと言っていた...)


改めて聴いてS&Mの美しさを痛感する今日この頃。

特にNo Leaf Cloverはウルッときます(T.T)

物悲しいメロディーに重い演奏、パワフルなヴォーカル、そしてエンディングの切ない唄メロ...
あぁ、エエのぅ...

ヘヴィローテーションです♪

しかしS&Mは美しい!メタリカがメタルを越えた瞬間!!
あぁ、OneもMasterもNothing Else Mattersもみんないいなぁ。
  1. 2008/08/15(金) 21:21:25|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

五輪ピック

オリンピックで盛り上がっていますね。

俺は特にオリンピックには興味が無いんで見ていないんですが、オリンピックで活躍している選手達の年齢だけは気になります。

世界相手に活躍している彼ら彼女らが年下である事が多くなってきました...

同い年or年下の選手達が世界相手に戦っている...

彼らは凄いなぁ、彼らの努力量もハンパじゃないんだろうなぁ...

毎日頑張っているつもりでも、俺なんて、平凡だなぁと痛感させられるわけです。

嫌でも、自分は何も特別ではないone of themである事を感じさせられてしまいます...

くそーー!!

まだまだ出来る!!

もっともっと修行して、毎日頑張って、頑張って、俺だって,,,俺だって!
.........どうしたいんだろう.........
  1. 2008/08/14(木) 11:15:11|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

これでいいのだ

赤塚不二夫さんが亡くなったというニュース

自分もバカボンをテレビで小さい頃見た事があったし、うなぎイヌをはじめ、好きなキャラクターもいくつかいた。

けど、特別な思い入れは無く、今回のニュースも特別な思いを持たずにいたのだけど、タモリさんの弔辞にヤラレタ、ちょっとウルっときた。

全文はこちら

8月の2日に、あなたの訃報に接しました。6年間の長きにわたる闘病生活の中で、ほんのわずかではありますが、回復に向かっていたのに、本当に残念です。われわれの世代は、赤塚先生の作品に影響された第一世代といっていいでしょう。あなたの今までになかった作品や、その特異なキャラクターは、私達世代に強烈に受け入れられました。

 10代の終わりから、われわれの青春は赤塚不二夫一色でした。何年か過ぎ、私がお笑いの世界を目指して九州から上京して、歌舞伎町の裏の小さなバーでライブみたいなことをやっていたときに、あなたは突然私の眼前に現れました。その時のことは、今でもはっきり覚えています。赤塚不二夫がきた。あれが赤塚不二夫だ。私をみている。この突然の出来事で、重大なことに、私はあがることすらできませんでした。

 終わって私のとこにやってきたあなたは『君は面白い。お笑いの世界に入れ。8月の終わりに僕の番組があるからそれに出ろ。それまでは住む所がないなら、私のマンションにいろ』と、こういいました。自分の人生にも、他人の人生にも、影響を及ぼすような大きな決断を、この人はこの場でしたのです。それにも度肝を抜かれました。それから長い付き合いが始まりました。

 しばらくは毎日新宿のひとみ寿司というところで夕方に集まっては、深夜までどんちゃん騒ぎをし、いろんなネタをつくりながら、あなたに教えを受けました。いろんなことを語ってくれました。お笑いのこと、映画のこと、絵画のこと。ほかのこともいろいろとあなたに学びました。あなたが私に言ってくれたことは、未だに私に金言として心の中に残っています。そして、仕事に生かしております。

 赤塚先生は本当に優しい方です。シャイな方です。マージャンをするときも、相手の振り込みで上がると相手が機嫌を悪くするのを恐れて、ツモでしか上がりませんでした。あなたがマージャンで勝ったところをみたことがありません。その裏には強烈な反骨精神もありました。あなたはすべての人を快く受け入れました。そのためにだまされたことも数々あります。金銭的にも大きな打撃を受けたこともあります。しかしあなたから、後悔の言葉や、相手を恨む言葉を聞いたことがありません。

 あなたは私の父のようであり、兄のようであり、そして時折みせるあの底抜けに無邪気な笑顔ははるか年下の弟のようでもありました。あなたは生活すべてがギャグでした。たこちゃん(たこ八郎さん)の葬儀のときに、大きく笑いながらも目からぼろぼろと涙がこぼれ落ち、出棺のときたこちゃんの額をピシャリと叩いては『このやろう逝きやがった』とまた高笑いしながら、大きな涙を流してました。あなたはギャグによって物事を動かしていったのです。

 あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに、前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また時間は前後関係を断ち放たれて、その時その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち『これでいいのだ』と。

 いま、2人で過ごしたいろんな出来事が、場面が思い出されています。軽井沢で過ごした何度かの正月、伊豆での正月、そして海外でのあの珍道中。どれもが本当にこんな楽しいことがあっていいのかと思うばかりのすばらしい時間でした。最後になったのが京都五山の送り火です。あのときのあなたの柔和な笑顔は、お互いの労をねぎらっているようで、一生忘れることができません。

 あなたは今この会場のどこか片隅に、ちょっと高いところから、あぐらをかいて、肘をつき、ニコニコと眺めていることでしょう。そして私に『お前もお笑いやってるなら、弔辞で笑わせてみろ』と言っているに違いありません。あなたにとって、死も一つのギャグなのかもしれません。私は人生で初めて読む弔辞があなたへのものとは夢想だにしませんでした。

 私はあなたに生前お世話になりながら、一言もお礼を言ったことがありません。それは肉親以上の関係であるあなたとの間に、お礼を言うときに漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。あなたも同じ考えだということを、他人を通じて知りました。しかし、今お礼を言わさせていただきます。赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私もあなたの数多くの作品の一つです。合掌。平成20年8月7日、森田一義



youtubeに動画が上がっているので興味があったら見てみるのもいいでしょう、淡々と読み上げるタモさんが、最後言葉に詰まるのが...


最後「私もあなたの数多くの作品の一つです。」には完全にヤラレタ


人は一人では生きていけない

そして、交わった人間からは少なからず影響を受ける

また、本や映画や、その他多くの物から多大な影響を受けその人の人格、そして人生は形成されていく。

そう考えると、誰だって「私もあなたの数多くの作品の一つ」であり、逆に「あなたも私の数多くの作品の一つ」ではないかと思った。

自分と交わる全ての人の手によって自分の人生という作品が形作られる

自分を含め、その人と交わる全ての人間との共同作業で、ある人間の人生という作品を形作る


タモさん凄い。



しかし、自分が死んだときこれだけ多くの人間がその死を意識してくれる人生っていいなぁ。

これでいいのだ、か。
  1. 2008/08/10(日) 10:58:07|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

セミナー×セミナー

昨日今日と企業のセミナーに行ってきました。

暑い中スーツは中々しんどかったorz


まず、昨日は某外資系証券会社のインフォメーションテクノロジー部門のセミナー。

雨降るわ雷が鳴ってるわのヒドい天気の中出かけてきました。


まずは社員さんの簡単なプレゼンテーション。

ここでまず衝撃的な事実が!

なんとこの会社においてIT開発に費やされる費用は2100億円にものぼるんだとか!
これは、あのGoogleに並ぶ金額だそうです!

金融機関のシステムって、大部分はIBMとか富士通とかNTTデータなんかに外注してやってもらってるのかと思ってたんですが、「証券会社にとって、ITはなくてはならない差別化要因、自社で開発する」と社員さんがおっしゃっていたのが印象的でした。

そしてさらにもう一つ衝撃が!

なんと、この会社のIT部門、職員の60%がnon-Japaneseで、基本的に英語使用なんだとか!!

すげ~!!楽しそう!!(ワクワク)

ニホンにいながらそんなグローバルな環境で働けるなんて羨ましい!


この60%がnon-Japaneseな環境は、その後すぐに思い知らされました。

45分程度のプレゼンテーションの後、社員さんとの懇親会があったんですが...集まってきた社員さんの半数くらいが外国の方!

「うわぁ、マジかよ...」と完全に押され気味でした^^;

緊張して最初2,3分は動けずに部屋の隅で出されたお茶なんかを飲んで様子を眺めていたんですが、「これじゃイカン!」と自分に喝を入れ、一人の社員さんに話しかけてみました。

「Hello, nice to meet you! My name is NAGATAKA」

「Nice to meet you^^ My name is ○○」

めっちゃ緊張しました!

初めに喋ったのはインド人の社員さん。

笑顔でとても穏やかな話し方で、こちらのダメダメな英語に熱心に耳を傾けてくれるいい人でした^^

一通り自己紹介をしたり、バックグラウンドやこの仕事・会社を選んだきっかけなんかを聞きました。


次に話しかけた方もまたインドの方。

この方はアジア・太平洋地域の様々な場所で仕事をされてきたんだとか。

そういう風に、グローバルに自分のキャリアを積める環境って羨ましいなぁ!!


そして、三人目はフランスの方。

この人と話した時間が一番長かったかな。

彼はコンピュータサイエンス専攻で、ワタシの研究に興味を示してくれました♪

彼は初期のAIを大学では研究していたようです。

で、その後IT企業に入ったんだけど、そこでの仕事がオモシロくなく、金融システムの道へ転職したと言っておりました。

そうそう、彼は今度はアメリカに移るっていってたなぁ。

色々な話題を英語で必死に喋っているうちに1時間以上が過ぎ、あっという間に時間切れ。

「Thank you so much」とお礼をして懇親会終了~


いや~、英語の勉強はしてるけど、英会話は久しぶりだったから緊張した^^;

ワタシの拙い英語を我慢して会話をしてくれた社員さん達に感謝感謝です。

けど、やっぱりこういうグローバルな職場、そして、グローバル企業だからこそできる世界中の支社のネットワークと世界中で仕事をするチャンスをくれる環境は凄く羨ましいなと思いました!!

凄くその会社への興味を強めたセミナーでした♪



そして今日は、某「日当一万インターン」で有名な企業のセミナーへw

実は企業自体が何をやっているのかよく知らない程、興味は薄い企業だったんですが、今日1日で得る物がありました。

まず今日の収穫の一つ目は、やはり「成功のためのルールは変わっているんだ」という事を改めて考えられたこと。

「ちょっと前の価値観に基づいて自分のこれからを決める事は危険そうだ」と、これまで様々なビジネス書を読むなかで感じていたのですが、今日のセミナーでの話しを聞いて、「やっぱりそうだよなぁ」と改めて感じ、自分の考え方をどういう方向に向けていきたいかの指針になりました。

もう一つの今日の収穫は、「筆記試験の対策はしっかりやろう」という事w

友人から事前に情報をもらっていたため、SPIの一部問題で出題されるような、論理力をみるテストをされるという事は知っていたんですが、ちょっと時間がとれずに、対策が出来ませんでした。

今朝、自宅から会場に行くまでの電車で集中して問題集をやっていたんですが、やはり、筆記試験をなめていたら後悔するなと痛感させられました。

試験自体の手応えは、自分としては悪くはないと思うのですが、まぁ結果がどう出るかはわかりません。


けど、今日は次に繋がる1日にできたかと思うので、良しとします^^
  1. 2008/08/06(水) 21:28:13|
  2. 就活etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

skype&mylo

以前先生から「myloのモニターをやらないか」との話があり、myloがなんだかもよくわからないまま引き受けたんですが、今日登校してみたらデスク上にmyloが放置されていましたw

「へ~、こんなんなんだぁ...で、モニターを引き受けたはいいけど何に使おうw」

とりあえず、これを機にずっと気になっていたskypeに登録してみました!

モニター引き受けたのに、用途がskypeくらいしか思いつかなかった俺...

まぁいいや、とりあえず、skypeやってる人いたら、連絡ください☆
俺がログインするかはまだ未知ですがw

せっかく借りたので、もっとmyloを有効活用できるようにいろいろいじってみようと思います!


さて~、学食で腹ごしらえしたら東京へ某企業のサマーセミナーに参加しにいかなきゃなぁ、スーツは暑い...
  1. 2008/08/05(火) 11:32:04|
  2. IT業界話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

Gyoza( 餃子 )...

Today, I went to funny Gyoza restaurant!!

There are so many funny Gyoza!!

For example I ate "Piza Gyoza", "Mochi(餅) Gyoza", "Kimuchi Gyoza", "Cheese Gyoza"...etc!

It's sounds funny isn't it ?? ;-)

What do you think about this?
I don't know whether you like these menu or not, but for me it's delicious XD


Oh, look this!
I also ate dessert :-)
餃子パフェ1


餃子パフェ2


This is ... Gyoza parfait( 餃子パフェ )!!

Is it sounds disgusting ??

But don't worry, banana and chocolate are put in Gyoza, NOT meat ;-)
So it's like ... DAIFUKU ( 大福 )?
I don't know how to express, this has really unique feeling ... but it's delicious!

And I ate "Strawberry DAIFUKU Gyoza( 苺大福餃子 )"!!
It's really funny XD

When you bite this, strawberry will appear from Gyoza HaHaHa XD
It's looks sooooo strange!

But this was also good :-)


If you have interest, let's try!
I can tell you the place or let's go together ;-)
  1. 2008/08/02(土) 20:39:44|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。