Diary-nagataka-シリコンバレーで働きたい!という夢への日々

外資ITで働くエンジニアが趣味や日々の事など書いてます(技術の話は別ブログ http://wanna-be-geek.seesaa.net/ )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

[旅][スペイン][マラガ] don't hurry, don't worry

スペインはマラガにやってきました。
ユースから少し歩くとビーチがあり美しい夕焼けに出会えました。

sunset_in_Malaga.jpg


マラガのビーチ沿いを歩いていると、とても沢山の人がランニングをしていたりトレーニングをしています(トレーニング器具みたいなのが置かれているスペースがあるのです)
また、ロードバイクやマウンテンバイクもとても沢山走っています。
パリもロードバイクは沢山見かけましたが、クラシカルなフレームの街乗りロードが主。
一方こちらでは、完全に競技用のロード(FELTとかTREKとか)にサイクルウェアという感じの人も結構多い。

マラガの人達は日頃から積極的に身体を動かしているようです。


今回泊まっているユースホステルは六人部屋で、チャールズというイギリス人の初老の男性と相部屋です。

dorm_in_Malaga.jpg


彼は仕事をリタイアし、現在はユースにステイしながら近所の語学学校でスペイン語を学んでいるのだとか。
旅をすると色々な人と出会いますが、いつも少なからず世界のバイタリティに刺激を受けます。
自分も生涯現役で、学ぶ事・経験する事をいつまでも楽しんでいれたら良いな。

パリからここまでノンストップで毎日歩き回っていたので、今日は少しノンビリ。
午後から少し散策をしつつ、明日の計画を立てようと思います。

旅は残す所あと六日。
セビーリャとコルドバとグラナダを回れたら主要な目的地はクリア。

けれども、焦りは禁物。
これを逃したらもう一生来れないなんて事は無いのです。
行こうと思えば、いつでも好きな時に好きな場所に行けるさ。
どこで聞いたのだったか、こんな言葉が頭の中で繰り返されています。
"don't hurry, don't worry"
スポンサーサイト
  1. 2013/10/25(金) 19:26:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

[旅][フランス][パリ] パリでマッタリ

パリに来ています。

3月に続いて二度目。
今回の旅の目的地はスペインのアンダルシア地方なのですが、その前に以前来て気に入ったパリを再度訪れたいと思い、三日間だけ旅程に入れてみました。

前回でルーブル、オルセー、エッフェル塔、ヴェルサイユ宮殿、凱旋門、シャンゼリゼ通り、さらにはモンサンミッシェルなど周ったので、今回は観光地を巡るというよりも、前回お世話になったゲストハウスに再度泊まり、パリでゆっくり過ごしてみるのが目的。
極論を言うと、半日くらいダラダラとカフェで過ごしたって良いのです。
じっくり読みたい本も二冊程持ってきているので。

ちなみに、今このブログは名前が気に入って入ったカフェで書いています。
その那も "da rosa"。
「おや、どこかで見た名前に似ているな」
このカフェの名前を見た瞬間にそんな事を思いました。
そう、私の乗っているロードバイクのブランド de rosa に名前が似ているのでつい入ってしまいました(笑)

ところで、今回は、事前に計画している観光はオルセーでゴッホのローンヌ川の星月夜を見る事と、フォンテーヌブローに行くくらい。
あとは適当にその時の気分で動いています。
一人旅かつ訪れるのが二度目な場所ならでは。
初回だと「ここも行きたいしあそこも行かなきゃ」と焦ってしまうのですが、二度目だと結構気持ちに余裕があります。
あと、「もうこれを逃したら一生来れないかもしれない」みたいな考え方はしないようにしているので、「今回行けなかった場所は次回行けばいい」といつも旅では考えています。
そうです、もう一生行けないなんて事ないんですよ、好きな時にまた来れます。

あと、モンマルトル散策もしたい。
モンマルトルも前回訪れて非常に気に入った場所。
道ばたで絵を描いている人がいたり、自分の描いた絵を売っている人がいたり、非常にアーティスティックで魅力的な場所。
前回は、そこで一つ絵を買ってお土産にしたのでした。

しかしパリは美しい街ですね。
そりゃ、ミクロで見たらゴミが落ちてたり落書きがあったりはしますが、マクロで見た街の美しさは素晴らしいです。
道行く人々も美しく見えるのは私の気のせいでしょうか、それとも無意識の西洋コンプレックスでしょうか。

そういえば今日、駅の中でどこかから聴き覚えのある曲が聴こえてきました。
ホームで電車を待っていたのですが、思わず来た電車を見送り音のする方へ歩いて行くと、オケに合わせてオジさんがサックスを吹いていました。
あのジャンゴ・ラインハルト、素敵な演奏だったな。
こういうなんでもない瞬間が良いのです。
at_darosa
  1. 2013/10/23(水) 18:29:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。